スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

有吉弘行のエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・1993年3月2日放送分読売テレビ『EXテレビ』の企画「公開弟子審査会」に合格し、オール巨人に弟子入りする。しかし、他の弟子との喧嘩が原因で、謹慎を命じられる。謹慎扱いとなった有吉は、1994年に森脇和成とお笑いコンビ猿岩石を結成し、猿岩石のボケ担当としてデビュー(有吉弘行 - Wikipedia)。

・1996年に『進め!電波少年』でのヒッチハイクの旅企画で話題になり、帰国後、大ブレイクする(有吉弘行 - Wikipedia)。

・誰もが知る人気者となり、CDや著書が爆発的に売れるも、ほどなくして人気は低迷し仕事が激減。それから7・8年間、広島のローカル局での出演以外は仕事がなく、経済的に自活することもできずに食事などは上島竜兵らの世話になっていた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・上島とは毎日のように行動を共にし、頻繁に小遣いを貰っていた。また、その頃上島から「月に30万円やるから、ずっと俺の傍にいてくれ」とも言われた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2004年3月に、森脇との方向性の違いで猿岩石を解散。ピン芸人として活動を始める(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2004年ごろから、『内村プロデュース』に度々出演するようになり、これが久方ぶりの全国ネット番組への出演となった。同番組内では「猫男爵」「笑わないキング」といった名物キャラクターも生まれた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2007年ごろから、他のタレントや芸人に対しての「あだ名の命名」が注目され始め、「毒舌芸人」「イジり芸人」として多くのバラエティ番組に出演するようになる。再ブレイクを果たしたため、「一発屋」ではなく「二発屋」という異名を持ち、本人も度々名乗ることがある。「一度目は芸人として売れたわけではない」との理由で、「1.5発屋」と名乗ったこともある(有吉弘行 - Wikipedia)。

・その後順調に仕事は増え、2011年にはメディアの調査・分析を行うニホンモニターの調査による『2011年テレビ番組出演本数ランキング』において、出演総本数499本で1位となった(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2012年3月、広島県観光大使に就任した(有吉弘行 - Wikipedia)。

・名前の読みが「ひろゆき」ではなく「ひろいき」である理由は、父親が役所に名前を提出する際に、酒に酔っていたため「ひろいき」と間違えて申請したためである。そのため、父親は「ひろゆき」と呼んでいると有吉は語っている(有吉弘行 - Wikipedia)。

・プライベートでは自分に返ってくるとの理由で陰口などは言わないようにしている。女子中高生各1,000人にアンケートを実施している「@peps!ランキン」でも「毒舌芸能人No.1は?」で1位にランクインしている(有吉弘行 - Wikipedia)。
トップページ  |  22:59  |  芸能人の方々を観察してみる

フットボールアワー・後藤のエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・趣味のギターを芸に利用することがあり、ローカル番組『ノブナガ』においては今田耕司プロデュースの『GO★TO』としてEDテーマ曲を自作・演奏・歌唱しており、曲はCDデビューを目標に、着うたとして部分的に配信されている(後藤輝基 - Wikipedia)。

・吉本男前ランキングの常連だったが、ブサイクランキング殿堂入りである相方の横にいるから良く見えるのだという指摘や、それによって最終的に「たいしたことない」と評されることを主にネタにしており、後藤自身では「ギリギリイケメン」と称している(後藤輝基 - Wikipedia)。

・鳥に似ていることを自他共に認めているため、「地鶏亭ピーチク」「鳥類亭トリガラ師匠」など、扮するキャラクターが鳥にまつわる名前になることが度々ある。また、宝塚歌劇団の男役に似ていることもネタにされる(後藤輝基 - Wikipedia)。

・ゴッドタンで作曲した「ジェットエクスタシー」(通称ジェッタシー)の曲やPVのダサさが有名となり、番組の人気企画になった。掲示板やツイッターでダサいの代名詞や悪い意味で使われることがあることがたびたび番組で話題になる。(例、「腹の調子がジェッタシー」「オレの今日の服ジェッタシー」)(後藤輝基 - Wikipedia)。

・大腸ポリープを、7個切除したことを明らかにしている。なお、父親は11個切除している(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・黒柳徹子に、『あなたたち、あの…あの…ジメジメした2人の番組によく出てらっしゃるの?』と言われた。その"ジメジメした2人"とは、雨上がり決死隊のことだった(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・「どんな番組に出たい?」と訊かれて、「若手が死にそうになっていて、それを腹抱えて笑う番組」と答えている(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。
トップページ  |  21:12  |  芸能人の方々を観察してみる

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。