スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

有吉弘行のエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・1993年3月2日放送分読売テレビ『EXテレビ』の企画「公開弟子審査会」に合格し、オール巨人に弟子入りする。しかし、他の弟子との喧嘩が原因で、謹慎を命じられる。謹慎扱いとなった有吉は、1994年に森脇和成とお笑いコンビ猿岩石を結成し、猿岩石のボケ担当としてデビュー(有吉弘行 - Wikipedia)。

・1996年に『進め!電波少年』でのヒッチハイクの旅企画で話題になり、帰国後、大ブレイクする(有吉弘行 - Wikipedia)。

・誰もが知る人気者となり、CDや著書が爆発的に売れるも、ほどなくして人気は低迷し仕事が激減。それから7・8年間、広島のローカル局での出演以外は仕事がなく、経済的に自活することもできずに食事などは上島竜兵らの世話になっていた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・上島とは毎日のように行動を共にし、頻繁に小遣いを貰っていた。また、その頃上島から「月に30万円やるから、ずっと俺の傍にいてくれ」とも言われた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2004年3月に、森脇との方向性の違いで猿岩石を解散。ピン芸人として活動を始める(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2004年ごろから、『内村プロデュース』に度々出演するようになり、これが久方ぶりの全国ネット番組への出演となった。同番組内では「猫男爵」「笑わないキング」といった名物キャラクターも生まれた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2007年ごろから、他のタレントや芸人に対しての「あだ名の命名」が注目され始め、「毒舌芸人」「イジり芸人」として多くのバラエティ番組に出演するようになる。再ブレイクを果たしたため、「一発屋」ではなく「二発屋」という異名を持ち、本人も度々名乗ることがある。「一度目は芸人として売れたわけではない」との理由で、「1.5発屋」と名乗ったこともある(有吉弘行 - Wikipedia)。

・その後順調に仕事は増え、2011年にはメディアの調査・分析を行うニホンモニターの調査による『2011年テレビ番組出演本数ランキング』において、出演総本数499本で1位となった(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2012年3月、広島県観光大使に就任した(有吉弘行 - Wikipedia)。

・名前の読みが「ひろゆき」ではなく「ひろいき」である理由は、父親が役所に名前を提出する際に、酒に酔っていたため「ひろいき」と間違えて申請したためである。そのため、父親は「ひろゆき」と呼んでいると有吉は語っている(有吉弘行 - Wikipedia)。

・プライベートでは自分に返ってくるとの理由で陰口などは言わないようにしている。女子中高生各1,000人にアンケートを実施している「@peps!ランキン」でも「毒舌芸能人No.1は?」で1位にランクインしている(有吉弘行 - Wikipedia)。
・『東京スポーツ』の食生活拝見のコーナーでは、肉しか食べない、酒を倒れるまで飲む、ヘビースモーカーその他、身体に悪いことばかりして、医者から「いつ癌になってもおかしくない」と評されている(有吉弘行 - Wikipedia)。

・第2日本テレビのネット配信番組『電波少年的懸賞生活2009』に出演し、同番組のプロデューサーより再ブレイクのきっかけを訊かれた際、「世間的には『内村プロデュース』の印象が強いと思うが、実は『リングの魂』の柔道企画等、(内村のみならず)南原さんにもお世話になっていて、ウッチャンナンチャンの両氏に使ってもらったおかげ」と答えている。その際、『内村プロデュース』に関して「売れてない時期があったからこそ当時のレギュラーメンバーの凄さに気づく事ができた」と答え、ネット配信番組『内村さまぁ~ず』に出演した際には、Twitterにて内村光良、さまぁ~ずの三人について「三人は命の恩人ですので細心の注意を払うべきですが、それをさせない緩さがある」と評している。

・上島竜兵を中心とする飲み仲間『竜兵会』の一員である。竜兵会に高田文夫が顔を見せた際に、酔っ払った上島に対する有吉の突っ込みの面白さを見た高田は、自身のラジオ番組『ラジオビバリー昼ズ』に有吉を起用することを決めたという(有吉弘行 - Wikipedia)。

・広島出身ということもあってプロ野球は広島東洋カープのファンである。高校時代は広島市民球場に年間30回ほど行っていた。2012年より広島県観光大使に任命されている(有吉弘行 - Wikipedia)。

・猿岩石時代は自身がバイセクシャルであると公言していた。また仕事の無かった時期にニューハーフになろうと思ったというエピソードを自著『お前なんかもう死んでいる ~プロ一発屋に学ぶ50の法則~』で語っている。しかし、のちに女性が好きであると公言しており、自身のニューハーフへの転向も当時は金銭的に追い詰められたためであるとして否定している(有吉弘行 - Wikipedia)。

・柔道初段。『リングの魂』の「芸能界柔道王」企画で初代チャンピオンになった(有吉弘行 - Wikipedia)。

・表現規制に関しては石原慎太郎に対し「石原さんはチンコが起たなくなった腹いせに漫画を悪者にするの止めてください」とTwitterで批判している(有吉弘行 - Wikipedia)。

・『とんねるずのみなさんのおかげでした。』にて、80万円のロレックス・ディープシーを購入させられた(有吉弘行が語る「ロレックスを買わされた、その後」)。

・バーガーキングのワッパーが好きだと明らかにしており、どれくらい食べられるかを『ワッパー!ワッパー!ワッパー!ワッパー!ワッパー!ワッパー!ワッパー!ワッパー!』と、叫んでいた(有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER 2012年11月19日)。

・『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに呼ばれた際、原口あきまさ→有吉弘行→夏川純の順番だった。

・日刊ゲンダイの「年収5億円報道」に対して、事実無根であると述べていた(有吉弘行「年収5億円報道は大ウソ」)。

・再ブレイクに際して、高田文夫が雑誌で「有吉が最近おもしろい」などと掲載してくれたお陰があったことを語っていた(有吉弘行「高田文夫さんが再ブレイクの道を作ってくれた」)。

・自身がパーソナリティをつとめるラジオで、Twitter上でつきまとわれていることについて触れ、「鎖帷子でも買おうか」と話していた(有吉弘行「Twitterのミザリー女に付きまとわれている」)。

・キングコング西野に「元気な大学生」とアダ名をつけ、はねるのトびらが終了した後、「はねトびのリーダーに敬意を表さないとね」と発言(ロンドンハーツ 2012年11月20日)。

トップページへ「ビバ検索
トップページ  |  22:59  |  芸能人の方々を観察してみる

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。