スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

フットボールアワー・後藤のエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・趣味のギターを芸に利用することがあり、ローカル番組『ノブナガ』においては今田耕司プロデュースの『GO★TO』としてEDテーマ曲を自作・演奏・歌唱しており、曲はCDデビューを目標に、着うたとして部分的に配信されている(後藤輝基 - Wikipedia)。

・吉本男前ランキングの常連だったが、ブサイクランキング殿堂入りである相方の横にいるから良く見えるのだという指摘や、それによって最終的に「たいしたことない」と評されることを主にネタにしており、後藤自身では「ギリギリイケメン」と称している(後藤輝基 - Wikipedia)。

・鳥に似ていることを自他共に認めているため、「地鶏亭ピーチク」「鳥類亭トリガラ師匠」など、扮するキャラクターが鳥にまつわる名前になることが度々ある。また、宝塚歌劇団の男役に似ていることもネタにされる(後藤輝基 - Wikipedia)。

・ゴッドタンで作曲した「ジェットエクスタシー」(通称ジェッタシー)の曲やPVのダサさが有名となり、番組の人気企画になった。掲示板やツイッターでダサいの代名詞や悪い意味で使われることがあることがたびたび番組で話題になる。(例、「腹の調子がジェッタシー」「オレの今日の服ジェッタシー」)(後藤輝基 - Wikipedia)。

・大腸ポリープを、7個切除したことを明らかにしている。なお、父親は11個切除している(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・黒柳徹子に、『あなたたち、あの…あの…ジメジメした2人の番組によく出てらっしゃるの?』と言われた。その"ジメジメした2人"とは、雨上がり決死隊のことだった(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・「どんな番組に出たい?」と訊かれて、「若手が死にそうになっていて、それを腹抱えて笑う番組」と答えている(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。
【関連記事】
千原ジュニアのエピソード集

トップページへ「ビバ検索
トップページ  |  21:12  |  芸能人の方々を観察してみる

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。