スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

千原ジュニアのエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・大阪時代には、大阪地方裁判所の公判をよく傍聴していた。ある公判を傍聴中、入廷した被告人がジュニアを指さして「あっ! ジュニアや!」とはしゃいだために、ジュニアが退廷を命じられたこともあった。
パソコンを所有しているが、コンピューター音痴で、執筆活動も手書きである(wikipedia)。

・大阪の二丁目劇場で活躍していた頃は、劇場のすぐ近くのマンションに住んでおり、ジュニアの部屋を知っているファンも多かった。そのため、いたずらをされることも多く、一番酷かったのは「部屋のドアに、マヨネーズで『ケチャップ』と大きく落書きされた」ことだという(wikipedia)。

・1995年11月に、大阪でAPECが開かれた際、会場の大阪国際会議場を臨むマンションに住んでいたジュニアの元に、大阪府警機動隊がやって来た(要人を狙撃するには最適の場所であったため)。開口一番、機動隊員から「過激派か?」と聞かれたことに腹を立てたジュニアは、「どちらかと言うと過激派」答えたが、逆に「いちびるな!」と一喝された(wikipedia)。

・大阪時代、部屋にケンドーコバヤシが遊びに来た際、ジュニアの当時の彼女が料理を作った。表面的には無愛想だったジュニアだが、彼女とすれ違いざまに小声で「美味しかったで」と囁いていたという(wikipedia)。

・「ジュニア」と呼ばれるようになったのは、当時せいじのバイト先の喫茶店で、浩史が読んでいた漫画「キャプテン」に出てくるキャラ・「五十嵐」の弟が「五十嵐ジュニア」と呼ばれているのを、喫茶店マスターが気づき、提案したことから(wikipedia)。

・兄のせいじに隠れている印象があるか、天然ボケな一面がある。後輩と靴店へ行った際、「こんなブーツ出たんか、かっこええなぁ」と感想をもらしたが、その時自分が履いていたものとまったく同じブーツだった(wikipedia)。

・コントライブのセッティングの際、ジュニアは「照明がいつまでたっても明るくならない」と怒っていた。その際ジュニアは、サングラスをかけていた(wikipedia)。

・「ジュニアを含む5人でコントライブを開催しよう」と陣内智則が言ったものの、5人共スケジュールが合わず、稽古さえ出来ない状態だった。ある番組の収録の際に、楽屋でジュニアは陣内に対し「ようこのスケジュールでやろうと思ったな」と冗談半分で言った。しかし、返事がなかったため隣を見ると、陣内だと思って喋りかけた人物は、バナナマンの設楽統だった(wikipedia)。

・がさつな人をじゃんけんで例えて「グー派」・神経質な人を「チョキ派」と話し、自身はチョキ派と豪語した後の後輩との食事の席で、「グー派の人はこういう席でもソースや飲み物をこぼすんやろなぁ、考えられへんわ!」と言ったその瞬間、Tシャツにワインをこぼした(wikipedia)。

・「ジュニア」に改名した理由は、占いを得意とする小笠原まさやから「『浩史』ではとがりすぎて周りに敵をつくり、『Jr.』では女性的すぎて結婚できない、だが『ジュニア』にすれば、巨万の富を手に入れます!」と言われたことから(wikipedia)。

・前述のバイク事故で多くの芸人のお見舞いや励ましを受けたが、中でも東野幸治が取り寄せた「鶴瓶上岡パペポTV」の最終回のVTR(編集前のノーカット版)で島田紳助や明石家さんまが爆笑を取っている様を見て、「出る側(芸人)に戻りたい!」と強く決意をした。なお、この話を聞いた山崎邦正は、見舞いに来て「そのVTRを貸してくれ」とジュニアにせがんだ(wikipedia)。

・バイク事故の退院後、『さんまのまんま』にゲスト出演した際、明石家さんまから「退院祝い、何がええ?」と聞かれ「レギュラーください」と冗談で言ったつもりが、後日実際に、『おかしや?さんま!』にレギュラー出演が決まった。当時、さんまはTBSから深夜番組の依頼を長年に渡り断わっていたが、千原兄弟にレギュラーを与えるためだけに、この依頼を承諾した(wikipedia)。

・『14歳』を執筆した際、タレントの書いた本に厳しい評論家に「これはな、聖書だよ」と言われた(wikipedia)。

・2011年7月13日、新大阪駅のホームにて一般女性とぶつかり、左足の小指をハイヒールで思い切り踏まれて骨折し、全治2ヶ月ほどの重傷を負った。翌日7月14日のレギュラー番組である『森田一義アワー 笑っていいとも!』では松葉杖をついて出演し、レギュラー陣たちからも手助けされていたが、タモリと笑福亭鶴瓶からは「そこまでして笑いを取りたいのか?」と散々イジられていた(wikipedia)。

・中学生時代、友達と接することのない引きこもり生活をしていたことから、定番とも言える遊びをあまり知らない。2010年に、芸人仲間とパリに旅行した際、36歳にして初めてトランプの『大富豪』をし、「こんなオモロい遊びがあったんか!!」と感動した。その一方、ボクシングファンを公言し、ジムに9年以上通っており、格闘技には意外と興味がある模様(wikipedia)。

・せいじの息子からは「ジュニアパパ」と呼ばれて慕われており、メールのやり取りをしたり一緒に旅行へ行ったりしているが、ジュニア曰く「(せいじの息子は)ぎゅっとしたせいじ」で、性格はせいじと似て達者なようである(wikipedia)。

・これまで、ナインティナインと加藤浩次の3人とは共演していなかったが、2012年6月23日放送分の「めちゃイケ」で、およそ20年ぶりに共演を果たした。3人ともそれぞれ「プライベートで少し揉めた釈明をする機会がないまま20年経ってしまった」ためだと言う。また、この日まで吉本興業所属のタレントの中で、この3人だけがデビュー以来テレビ共演が無かったと言う。後日、「みんなでデブエット」のコーナーに出演し、大量のちゃんこ鍋を前に乾杯した際に「初めてナイナイと酒を飲むんなら、もう少しまともな環境で乾杯したかった」とコメントした(wikipedia)。

・バイク事故の際、脳損傷でお笑い芸人としての能力が失われてないかどうかを心配した構成作家が、千原ジュニアに大喜利のお題を出されて。そのお題とは、『見舞いにきた客が、舌打ちをして帰っていきます。何故?』っていうものであり、千原ジュニアは、『ハンモックで寝てる』と書いて、構成作家は安心したという(千原ジュニアが語る「バイク事故からの生還、芸人復帰」)。

・小学校1年生の頃に、初めて自宅でマカロニグラタンを食べた際、あまりの美味さに気づくと玄関に立っていた。食べ終わり、おかわりを要求した際、『もう無い。グラタンは一皿ずつ焼かなアカン』と言われたため、『こんな美味いものをおかわりできないなら、もう出さんといてくれ!』と母親に言ったという(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・『とんねるずのみなさんのおかげでした。』と『リンカーン』に出演したことがないことを明らかにしていた(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・今出たい番組は?と訊かれて、「志村動物園」と答えている(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。
【関連記事】
フットボールアワー・後藤のエピソード集

トップページへ「ビバ検索
トップページ  |  21:09  |  芸能人の方々を観察してみる

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。