スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

小島よしおの愛読書 『ウケる技術』

2007.10.19 (Fri)|
2007年10月19日放送の「ぐるナイ」にて、小島よしおの部屋の家具が全て楽屋に運ばれている、というドッキリが行われた。その家具を買い取ってもらい、母親にした30万円の借金を返済する、という企画だった。

その際、ソファーの上に置かれた愛読書が、『ウケる技術』という本だった。そのほかにも、高田純次の本などを読んで勉強しているようだった。


amazonの紹介によると、"まわりにもいるでしょ、誰もがその存在に一目置く「ウケる人」。つかみやリアクションが「間」からしてゼツミョーで、センスや才能と片づけるしかなかったそのベシャリ。本書はそのトークを、だれもがマネできるルールとパターンに徹底分解!"…という本のようです。

やはり表舞台の裏では、こうした悩みをもっているのだな、と思わせる(それが実を結ぶかどうかは分かりませんが)事柄でした。

ちなみに、小島さんの父親である小島孝之氏は、33歳のときに1981年3月に参院選に出馬。その後も千葉県の参院選補欠選挙に民主党公認で出馬するなどしたものの、合計18年で6回落選しているそうです。

…影ながら努力をして、それが報われないのは父親譲り、なんてことにならないであって欲しいです。

【関連記事】
宮川大輔 EDであることを曝露される

なかやまきんに君 留学中の裏話を曝露される
トップページ  |  20:35  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。