スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

藤岡弘の仕事の選び方

2007.10.09 (Tue)|
2007年10月09日放送の「伊集院光の深夜の馬鹿力」にて、藤岡弘(本来は「藤岡弘、」と表記)の変わった仕事の選び方が明らかになった。

CGのコンテスト番組に、伊集院が審査員として出演した。その時、藤岡弘さんも何故かそこに座っているという役で出演していたという。コーナーが一通り撮り終わったところ、伊集院が楽屋にいて「そろそろ帰ろうかな…」と思っていたところ、ADに呼び止められ、「まだ帰らないでください」と引き留められたという。

「来週の分の、予告か何かかな?」と思っていたが、そこに用意されていたのは居合い抜き演舞のセット。立てられた巻藁(立てられていて、それを真剣で斬る)と、中央にいる藤岡弘。

実は、藤岡弘は「居合い抜きの演舞を披露させてくれるなら」という条件で仕事を受けているらしい。しかも、出演者全員で見守っていなくてはならないとのこと。

延々と長い精神統一の後、全ての巻藁を斬り終わり、藤岡弘は悠々と帰って行ったという。


伊集院さん曰く「シャレも分かってくれる人」とのことで、バラエティ対応も快く引き受けてくれる人のようです。ところが、居合い抜きは欠かせないようです(セット販売)。

私も、3度ほど居合い抜きの様子を観ました。…本当に脈絡なく挟まれており、「ん?」と思っていたので、ようやく謎が解けました。

【関連記事】
育ちが悪いから?麻木久仁子を恐れる芸人たち
トップページ  |  16:57  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。