スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

育ちが悪いから?麻木久仁子を恐れる芸人たち

2007.10.03 (Wed)|
2007年10月02日放送の『伊集院光の馬鹿力』にて、麻木久仁子の「本気っぷり」に、芸人達が戦々恐々としている実態が明らかになった。

Qさまの『プレッシャーSTUDY』や『雑学王』などの出演が多い麻木久仁子。そこでは、異常なまでに「勝ちにこだわる」姿勢が、テレビ上でも見て取れる。

現場でも、『プレッシャーSTUDY』で他の出演者が間違うと、「もし彼女(彼)が間違えなかったら、どうなのか。もう一度やってみよう」と言い出すのだという。間違えてしまい、泣き出している局アナに対しても、そんな"死者に鞭打つ"ようなことを平気でやるらしい。

実際、伊集院自身もその「もし間違っていなかったら」という、仮定のリプレイをやられた、とのこと。もちろん『誤答した』という事実には関係ない。単に、「間違えた人間を吊し上げにする」だけの行為だ。

『雑学王』でも、同様のことをやっているらしい。ランダムでパートナーになった芸人と、一緒にクイズを解答する際、芸人がボケて、わざと間違ないように「下で手を押さえつけている」とのこと。今、あの番組に出ている芸人達は、「お願いです!麻木久仁子とだけは、一緒になりませんように!」と祈っているらしい。

また、麻木久仁子が出演している回は、「ボケを許さない。勝つことだけを考える」という空気になり、番組的に盛り上がることをしたり、"芸人のお約束"は封じられてしまう、とのこと。

伊集院曰く「『勝ち以外は、死なのよ!』というスタンス。多分、そういう育ち方をしたのかな。子供の頃に貧しくって、苦労してたって聞いたから。勝ち続けなければダメだったんだろうね」とのこと。


正直、間違った人を見る目に引きます。そこまでガチな勝負を望んでません。…っていうか、そこまで必死な人をインテリとは呼ばない気がします。知性もへったくれもないじゃないですか。

ですが、雑学王の方は、「下で手を押さえつけている」という芸人を捜したいと思います。別の意味で楽しみができました。
【補足】
2007年12月18日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、麻木から「ネットで見たんだけど、何か私のこと言った?」と伊集院に言ってきたことが明かされた。仕方なく、伊集院は「はい、言いました…」と自供したという。

【関連記事】
沢尻エリカに「心を折られた」 タカトシの本音

トップページへ「ビバ検索
トップページ  |  00:21  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。