スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

加藤浩次 とんでもない旅行コーディネータに出会う

2007.09.15 (Sat)|
2007年09月15日放送の「加藤浩次の吠え魂」で、加藤さんがバリに家族旅行へ行ったことを語った。現地では、旅行コーディネーターが付き、観光案内をしてくれたという。

だが、そのコーディネーターが、かなりの適当っぶりだったそうだ。
道を歩いている犬を見ると、「加藤さん、あれがバリ犬です」と言ってきたという。「バリ犬って?」と加藤さんが訊くと、「日本で言うところの雑種です」と答えたという。

さらに、現地の男性と結婚した日本人女性を見ると、「あれがバリ嫁です」と言ったという。「こっちへ来て、『可愛い、可愛い』と言われて結婚してしまったんでしょうね」と付け加えたそうだ。

「こっちへ来て、あくせくした日本の生活を忘れ、ゆったりした時間を過ごす良さに気づいたんでしょうね」と加藤さんが言うと、「現地の男は全く働きません。奥さんが働いてます」とイヤな駄目押しをしたそうだ。

さらに、現地の美術館へ行き、けっこう興味深く見ていると、「加藤さん…こういうの、まったく分かりませんよね。何が良いんでしょうかね。私は、子供たち(加藤さんの子供たち)と一緒に、外に出てますから」と言われたという。


スゴイ。もはや、普通のガイドをしようという気が全くないんじゃないでしょうか。洒落の効かないお客さんだったら、怒り出してしまいそうです。

それにしても、『バリ犬、バリ嫁』のくだりは凄まじい。何にでも使え、なんとなく意味があってそうなところがスゴイ。

【関連記事】
加藤浩次 ものすごいワキフェチであることを告白

極楽とんぼ加藤浩次 奥さんから「おあずけ」を食らう

極楽とんぼ加藤浩次 ゲイバーでのアルバイト体験を語る
トップページ  |  23:12  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。