スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

ナイナイ矢部の破局会見にみる 芸能記者の最悪なマナー

2007.06.22 (Fri)|
2007年06月21日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」で、破局会見の舞台裏が話された。その中で、記者会見での芸能記者の態度やマナーの悪さを指摘していた。

「初めて記者会見を開き、記者の方達と向き合った。けど、もうイヤだ。ちゃんとしたレポーターもいるけど、ひどい奴もいる。ほとんどが無茶振りで愛情がない。(芸人としての)逃げ道を用意してくれない。
『矢部さんのことはさておき、浜口さん、三浦さん…』と流れを一切無視した質問をしたレポーターもいた。
『岡村さん、空気がダレてきましたけど、どう思われますか?』などと言ってくるレポーターもいた。せっかく良い空気になってきていたのに…質問は1回ずつ、と言っているにもかかわらず、二個も三個もしつこくしてくるせいで、テンポが悪くなってきていたんだ」と、記者会見という場の難しさを語っていた。

前田忠明に至っては、ほとんど酔っぱらいのようだったという。「(浜口優に)アンタ二股してるだろ?」と、女性週刊誌を鵜呑みにした質問をするという暴挙をおかしていたという。



元モーニング娘。の辻希美(19)と、俳優・杉浦太陽(26)の結婚記者会見でも「避妊は考えなかったの?」などという、オトナとは思えないエゲつない質問をしてみたり、追いつめるような質問ばかりをする記者達は、一体、どうしたいのだろうと思ってしまいます。聞いてどうするんでしょうか?余計に口を閉じてしまうだけではないでしょうか。

記者だからと言って何を聞いても良いというわけではないのです。そもそも、まともに答えるのも馬鹿らしい質問や、訳の分からない的はずれな正義感を振り回した、批判や糾弾をするような場ではないと思われます。

「なんだかんだいって、サンジャポ(の記者)が一番優秀だった」という言葉が、何とも印象的でした。

【関連記事】
ナイナイ矢部浩之が元カノ ひとみちゃんへ最後のメッセージ

陣内&紀香が披露宴前に別れを決意したのは、ナイナイ岡村が原因?
トップページ  |  20:21  |  ラジオ

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。