スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

日本初の「オレオレ詐欺」被害者は、北島三郎

2007.03.02 (Fri)|


日本初の「オレオレ詐欺」被害者は、北島三郎


2007年03日01日放送の「ダウンタウンDX」にて、35年前すでに、北島三郎がオレオレ詐欺に遭ったということを明かした。

35年前、北島三郎がテレビ収録から帰宅すると、パトカーが3台停まっていたという。何事かと思い、家の中に入ると、「大丈夫だったの?」という妻の質問が待っていた。

…事件は数時間前に遡る。
奥さんがかかってきた電話に出ると、「オレだ…」という声。
「オレだ。今、さらわれて大変なことになっている。助かるために500万必要なんだ。用意してくれ」という電話があったという。

すぐさま事務所に電話をかけ、事情を説明したという。
すると、警察を呼ぶことになった。そのところに北島三郎が帰ってきたというわけである。



規模は違っても、昔からあったんでしょうかね「オレオレ詐欺」。
今は、「振り込め詐欺」っていうんですかね。ちなみに、wikipediaに、「活用語の命令形の直後に名詞がくるのはあり得ないという言語学者もいる」という、何とも不思議なツッコミが書かれている。

北島三郎と言えば、DJ OZMAの件で騒動に巻き込まれたという悲しい過去を持ちますが、実は『ゲルピンちん太ぽん太』の“ぽん太”として漫才師歴もあるとのこと。

…そう考えると、バラエティ慣れしているのも納得。
トップページ  |  22:03  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。