スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

ナイナイ岡村絶賛?南キャン山里の日本アカデミー賞

2007.02.23 (Fri)|


ナイナイ岡村絶賛?南キャン山里の日本アカデミー賞



2007年02月23日放送のナイナイのANNにて、ナイナイ岡村隆史が、第30回日本アカデミー賞授賞式について語った。中でも、受賞者に対するインタビュアーである南海キャンデーズ山里亮太に関して、「伝説を作った。また次回もやって欲しい」と発言していた。

元は、アンタッチャブル山崎が岡村に勧めて観たという日本アカデミー賞。山崎も、山里のお陰で、初めて最初から最後まで観られたという。

まずは、くりぃーむしちゅーの上田と小池栄子とのカラミがあり、登場した山ちゃん。そこで「伝説を残します」と宣言。上田が「あまり余計なことをしないで」と釘を刺した。

さっそくインタビューを開始した山ちゃんだったが、緊張感からか、もう、いっぱいいっぱい。さらに、テレビからインタビュー音声が全く流れなくなってしまった、というおまけ付き。

音声が復旧し、ようやくインタビュー開始。
新人賞はドランク塚地や相方の静ちゃんなどがいて、軽快に進んでいった。ところが、松山ケンイチから様子がおかしくなった。

恐らく、映画を観ていない山ちゃん。
カンペを読みながら質問を進めていく予定だったが、松山ケンイチに「4ヶ月にもおよぶトレーニングを積んで、役作りをして映画に臨まれたということで…」と話を振るが、松山は「え?4ヶ月?」とカンペと異なる流れの回答。「4ヶ月じゃないんですか?」と山ちゃんが質問すると、「2週間ですけど」と、まるっきり違う回答。

どうやら、用意されていたカンペ内容が、事実とことごとく違っていた模様。インタビューしていくにつれて、次第にテンパっていった。カンペとの距離感も、役者達との距離感も分からなくなり、ぶつかる寸前の近さ。

「今回は一人三役とのことですが、三役をやるコツは?」と山ちゃんが尋ねれば、大沢たかおに「コツ?コツですか?」と変なところで引っかかられ、「ああ…そうですか、どうもありがとうございました」と早々に次に移っていた。

また、放送では映っておらず、山里がアンタッチャブル山崎に直に語ったこともあったらしい。山田洋次監督にインタビューするときに、「時代劇にはこだわりがあるんですか?」と質問したところ、「特にこだわりはないですね」と答えた。
「そうですか…」と山ちゃんが受け、カンペを読んで、再び質問をしたが、その質問というのがまた「時代劇にこだわりがあるということで…」という内容。山田監督は「だからねっ!、こだわりはありません!」と繰り返したという。そんなことが3回ほどあったという。

最後、くりぃーむ上田と小池栄子のところに帰ってきたところ、山ちゃんは「いやぁ~どうでした?僕のインタビュー」と訊くと、小池栄子は「酷かった。こんな酷いインタビュー観たこと無い」と辛辣なコメント。それでエンドロール。



「ある意味伝説を残した。凄かった。また来年もやって欲しい」とナイナイの岡村に言わしめた、山ちゃんのインタビュー。

どうやら、放送当日のラジオ番組で、山ちゃんはかなりリスナーからバッシングされたとのこと。

また、2月22日放送の「なるとも」で、南海キャンディーズがゲストとして登場。山ちゃんは「後でビックリするくらい怒られました。山田洋次監督も、かなり激怒されていたらしい」と発言していたという。
トップページ  |  13:16  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。