スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

「トリビアの泉SP」でドッグフード仕込むなど過剰演出

2007.02.14 (Wed)|


「トリビアの泉SP」でドッグフード仕込むなど過剰演出


「トリビアの泉」にも、「発掘! あるある大事典」の捏造騒動の余波が訪れた。過去に放送された企画の中に、捏造とも取れる「疑惑」が浮上した。その"捏造"とされる内容は、以下の通り。

・疑惑が浮上したのは2005年9月14日に放送された企画コーナー「雑種犬の能力検証」。
・コーナーでは飼い主が突然倒れ、苦しみだした場合、犬はどのような行動を取るのか」を検証。
・その中で、動物プロダクションの社長が飼い主であるかのように出演していた(本当の飼い主は女性)。
・意図する映像が撮れなかったため、社長の衣服にドッグフードを仕込み、犬を誘導した。
・番組関係者の内部告発によって発覚。

フジテレビは、「捏造ではなく演出」と疑惑を否定している。



「雑種犬の能力検証」はこれまでも何回か放送されている人気企画。コーナーや番組の趣旨からすると、「捏造」という言葉が適当かどうかは微妙なところ。

「発掘! あるある大事典」のような悪質な改変とは異なり、あくまでもバラエティ番組にはよくある「演出」の範囲なのかな、という印象ではある。

…というか、こういう悪意の無い"演出"すら"捏造"とされるならば、バラエティは立ちゆかないと思うのだが。

ちなみに、私は登場した犬の中に、『パニック』という名前のワンちゃんが登場するなど、小ネタが効いているところなんかが好きでした。
トップページ  |  15:05  |  一般トピックス

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。