スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

「コーヒーの味は、スタバよりマックが上?」

2007.02.10 (Sat)|


「コーヒーの味は、スタバよりマックが上?」



『一番おいしいコーヒーをいれるのは、スターバックスではなくマクドナルド―』などという驚きの結果を掲載したのは、アメリカ有力消費者情報誌コンシューマー・リポーツ3月号。その記事では、大手ファストフードチェーンのコーヒーを比較している。

同誌によると、マクドナルドの「プレミアム・ロースト」コーヒーは、「上品でカフェインが適度に強く、欠点がない」。これに対しスターバックスの同価格帯のコーヒーは「カフェインは強いが、焦げて苦く、目が覚める代わりに目から涙がでる」と指摘、マクドナルドに軍配を上げた。



マクドナルドは昨春、全米1万3700店舗に「プレミアム・ロースト」を投入し、2006年度決算は売上高、純利益とも過去最高となった、という。コーヒーでお株を奪われたとなると、スタバは立つ瀬がない。

しかし…「カフェインは強いが、焦げて苦く、目が覚める代わりに目から涙がでる」という意見には、私個人は賛同しかねるのですが。何か、悪意のようなものまで感じ取れてしまうのですが、はたしてこの意見をいったのは、"誰"なのか。妙にマックに寄りがちな方なのではないか、と邪推してしまったのですが…これが"消費者"の声なのでしょうかね。

まぁ、実際に数字で"売り上げ好調"と出ているので、マックのコーヒーが人気なのは確かなのでしょうね。
トップページ  |  01:10  |  一般トピックス

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。