スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

第二のOZMA全裸事件? 今度はプリンスがアレを

2007.02.09 (Fri)|


第二のOZMA全裸事件? 今度はプリンスがアレを


プリンスがアメリカンフットボールの祭典、スーパーボウルのハーフタイムショウに出演した。音楽ファンから絶賛の声が上がった。しかし、一部では彼を非難する声も上がっている。

プリンスがヒット曲"Purple Rain"のパフォーマンス中、間奏部分でギターを演奏する姿がバックに吹き上げられた白いスクリーンに投影され、
大きなシルエットが映し出されるという演出が行われていた。

この際、彼の影がギターを男性器のように見せる形に映し出されたとして批判されている。



その際の様子をみると、それほど性的な感じは受けない。

スーパーボウルのハーフタイムショウといえば、2004年2月1日米ヒューストンで開催されたスーパーボウルのハーフタイムショーにジャネットジャクソンが出演した際に、右胸をポロリと露出し、全米中継した米CBSテレビには、視聴者から抗議の電話が殺到した、という事件があった。

今回は、そういった騒動にはならなそうだが、プリンスはライブではこうしたギターを用いた"悪ふざけ"をしているため、注意など、咎められることは避けられそうになさそうだ。

【関連記事】
DJ OZMA全裸騒動のまとめ

DJ OZMAが紅白担当者を名指しで批判

教育再生会議でも「DJ OZMA問題」議題に
トップページ  |  22:21  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。