スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

民主党 管氏の迷言「未納三兄弟」に続き「産む生産性」

2007.02.09 (Fri)|


民主党 管氏の迷言「未納三兄弟」に続き「産む生産性」



柳沢伯夫厚生労働大臣の「女性は子供を産む機械」「子供を2人以上もちたいという健全な状況」といった発言が民主党などの野党に厳しく追及されているが、今度は公明党が、民主党・菅直人代表代行の「子供を生む生産性が低い」との発言を猛烈に批判しはじめた。

公明新聞は2007年2月7日に、

菅氏は、愛知県知事選が告示された1月18日に名古屋市東区で演説を行い、『愛知も東京も経済がいい。生産性が高いといわれるが、ある生産性は、一、二を争うぐらい低い。子どもを産む生産性が最も低い』(1月19日付「朝日」名古屋地方版)と述べたという。この発言は、子どもを産む崇高な行為を経済的な生産と同列視したもので、菅氏もまた、女性を“子どもを産む機械”のように認識していることをはしなくも露呈している。菅氏はその後、厚労相の件の発言を、鬼の首を取ったように取り上げ、政府・与党批判を繰り返しているが、菅氏にいったい批判する資格があるのか

と掲載し、菅代表代行を批判した


菅直人といえば、パフォーマンスは食べ物に関するものが多く、O-157でかいわれ大根が打撃を受けた時には、かいわれ大根、狂牛病が騒がれると牛丼、トリインフルエンザが騒がれると焼き鳥をそれぞれ食べた。

また、江角マキコ出演のCM放送を機に、国民年金未納の国会議員が相次いで発覚した際、菅は「(与党の未納者に対して)ふざけてますよね。未納三兄弟っていうんですよ。」と選挙運動等で自民党議員に対する批判を展開した。その後、自身の未払いが発覚(後に、社会保険庁側の過失であったと判明)し、同年5月10日に党代表を辞任したことでもお馴染み。

またしても、自分の襟を正さずに、他人を批判していたことが発覚。
柳沢大臣に対する『言葉狩り』とも思えるほどの、執拗な攻撃も陰を潜めそうだ。またしても、うやむやな内に幕引きが行われ、民主党の野党第一党としての地位も、下がっていくように思われる。
トップページ  |  12:43  |  一般トピックス

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。