スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

「あるある」顔ヤセで嘘実験

2007.02.04 (Sun)|


「あるある」顔ヤセで嘘実験



疑いが指摘されているのは、顔のたるみを取り除いて、二重顎を解消する方法をテーマにした04年10月31日放送の「10日間で変わる!顔やせの科学」。

朝日新聞(2007年02月04日)によれば、被験者に紹介した運動以外に器具を使ってやせる効果を高めるようにしたり、10日間とした実践期間も5日間であり、筋力の衰え具合を計る実験に嘘があったりした疑いがあった、と収録現場に居合わせた関係者が明かしたという。

たるみの原因となる表情筋の衰え度合いを測るため、水を入れたペットボトルの飲み口を唇の力だけで加える実験を紹介したが、誰も成功しなかった。そこで、制作会社は一人に「ペットボトルの口を噛んで支えろ」と指示したという。その映像を用いて、顎が「すっきり」している人たちが、全員成功したかのようにみせたという。



どうやら、被験者となったのはすべて“仕込み”だったらしいので、できた不正ですね。登録していたエキストラ派遣業者に紹介されて出演していた、とのことなので、どこかにリークすれば自分の仕事がなくなるということになってしまう。

ここまで堂々とデータを作ってしまうとなると、もはや清々しさのようなものまで感じてしまう。あまり効果がなくても、「奥様、今度は効きます!この方法をおためし下さい!」と毎週のようにインパクトの強い健康法が出てくるので、視聴者は疑問を思わなかったのでしょうかね。

例の"納豆"でコトが露見されなかったら、まだ騙され続けていたのですかね。我々 視聴者のことを手玉にとり、制作者達に手のひらで転がされていた、と思うと、番組を観る側も、もっと見る目を養う必要があるんじゃなかろうか、とも思う。

某巨大掲示板の人ではないが、「嘘を嘘と見抜けない人には(テレビで有益な情報を得るのは)難しい」ということなんでしょうかね。

【関連記事】
「あるある」被験者は『一般人』じゃなくプロだった

「発掘!あるある大辞典2」での捏造問題まとめ

「おもいッきりテレビ」も「あるある」と同じぐらいひどい?

「あるある」出演の堺正章 柴田理恵が健康ブーム批判
トップページ  |  16:18  |  一般トピックス

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。