スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

代ゼミ「元暴走族」吉野講師が 参院選出馬へ

2007.02.04 (Sun)|


代ゼミ「元暴走族」吉野講師が 参院選出馬へ


1980年代後半、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」で一躍有名になった吉野敬介。元暴走族という異色の経歴をもち、かつリーゼントに派手なシャツ、金のロレックスというルックスも話題になり、人気講師であった。

その彼が、夏の参院選出馬に向けて準備を進めていることが分かった。けさ(1日)の一部報道によると、昨年11月、予備校の教え子の父親で自民党の衆院議員と会食し、出馬を打診されたという。

吉野氏は「出馬するかどうかはまだ考え中」としながらも、1月31日付で代ゼミを退職。東大、慶大、早大などの政治学科卒業生や在学生の教え子に声をかけ、教育改革のマニフェストに必要なデータを集めている。

代ゼミの講師仲間には「選挙用に服装は変えない。頭はリーゼントで行く。時計もロレックスを外さない」と話しているという。



本当は2005年を最後に退職するつもりだったが、上層部から「来年のパンフレットを作ってしまったのでもう1年続けて下さい」との要請や、自身が足を怪我してしまった事から退職を1年延期したらしい。足はストレッチ中に怪我をした。2007年春期講習パンフレットから吉野敬介の写真や名前は無くなった。

2006年12月2日、横浜校の本科の私大古文Aより各校舎の二学期最終講義において、今年度限りで代々木ゼミナールを退職すると宣言。理由は定かではないが、あまり一ヶ所に留まっているより、常に何か新しいことに挑戦していきたいと言う。吉野講師は今後のことを現在模索中で、一部の講師や生徒の間では2007年に行なわれる参院選に出馬するのではないかと噂をされていた。

どうやら、その噂は本当のようで、今回の参院選出馬を決めたようだ。
だが、ルックスや差別的な発言で問題を引き起こしたり、体罰問題が表面化したこともあった。その彼が品行方正を求められる政治家としてやっていけるのかなど、波紋を呼びそうだ。

【関連記事】
杉村泰造 盗作騒動その後
トップページ  |  13:58  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。