スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

「おもいッきりテレビ」も「あるある」と同じぐらいひどい?

2007.02.01 (Thu)|


「おもいッきりテレビ」も「あるある」と同じぐらいひどい?



納豆ダイエットでの捏造問題発覚から、次々に捏造の事実が明らかにされ、騒動の渦中にある「発掘!あるある大辞典2」。

"健康ブーム"の一役を担っていた「おもいっきりテレビ」にも、実は疑惑があるのではないか、という記事がJ-CASTニュースに掲載されている。

同記事によれば、学術論文の改変、過ぎる誇張があるという。
たとえば、04年3月8日放送の「怖い糖尿病にならないために」という回では、

1)米の摂取量の減少が糖尿病の原因であるかのように指摘。
2) 食後に大量のシナモンを摂取」が「食事に少量のシナモンを加える」に
3)「アルコールを適度に飲む」が「アルコールを毎日、適度に飲む」に(しかも、みのもんたが「ビールが最高にいい」と発言)
4)「マグネシウムを多く摂っている」が「ナッツ(マグネシウム)を多く摂っている」に

と、実験データもない"効果"が、あたかも実証されているかのようにみせかけている、という。

他にも、ゾクゾクと矛盾点、データ改変も行われている回が存在しているという。



笑うのが、ある回では「糖尿病を予防するには、ご飯を積極的に摂るようにしたほうがいい」と言っていて、一方の回では「ご飯を控えた方が良い」と言っているという。

また、朝食に関しても「軽く摂るべき」と言ってみたり、「摂らない方が良い」「しっかり摂ったほうがいい」と二転三転しているという。

これが、毎日、毎週のように健康番組を続けられる理由だろう。
つまり、「放送されているコトなんか、みんな長続きせずにすっかり忘れてしまい、次々になんでも飛びつく」ということだ。だからこそ、インパクトの強い「納豆を食べるだけで痩せる!」という言葉にも騙されてしまうわけだ。
トップページ  |  11:17  |  一般トピックス

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。