スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

菊地凛子、前哨戦で助演女優賞逃す

2007.01.29 (Mon)|


菊地凛子、前哨戦で助演女優賞逃す



アカデミー賞の前哨戦のひとつ、映画俳優組合賞の発表が28日行われ、「バベル」の演技で助演女優賞候補となっていた菊地凛子は惜しくも受賞を逃した。主演女優賞にはヘレン・ミレン、同男優賞にはフォレスト・ウィテカーが選ばれた。

最優秀映画賞に当たる最優秀キャスト賞は「リトル・ミス・サンシャイン」が受賞し、菊地や役所広司が出演した「バベル」は選ばれなかった。



惜しくも受賞は逃したものの、ブラッド・ピットをして「普通じゃない、リンコは褒めざるを得ない才能の持ち主だ」と絶賛させ、大ブレイクの兆しにある菊地凛子。

同じく、ハリウッドでの映画デビューでブレイクした渡辺謙も、2003年公開の映画『ラストサムライ』での演技が各方面から多大な評価を受けるものの、同年度のゴールデングローブ助演男優賞ならびにアカデミー助演男優賞を逃している。それでも、もはや日本を代表する俳優にまで上り詰めた。

彼女は今後、渡辺謙同様に、活躍することだろう。だが、是非とも受賞してもらいたいものである。アカデミー賞の発表は、2007年2月25日。

【関連記事】
菊地凛子の演技に 共演者おぎやはぎ「別次元の才能」
トップページ  |  23:33  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。