スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

政井マヤ「あるある大事典」打ち切りでピンチ?

2007.01.27 (Sat)|


政井マヤ「あるある大事典」打ち切りでピンチ?



"唯一"のレギュラーだった「発掘!あるある大事典Ⅱ」の打ち切りが決定したため、政井マヤの姿を目にする機会がなくなってしまいそうだ。

もともと『あるある』の進行を務めていたのは菊間千乃アナだった。その菊間が“未成年飲酒騒動”で降板し、代わってレギュラーに抜擢されたのが、政井と同期の梅津弥英子アナだった。その後、梅津が産休に入ったことで、政井は05年7月から番組を任されている。

政井にとって『あるある』は、地上波で“唯一”のレギュラー。それが打ち切りとなってしまった。



政井の同期だった千野志麻は“寿退社”後、“セレブ人妻”を武器にフリーで活躍。やはり同期入社で共同テレビ所属の滝川クリステルは、夜のニュース番組でハーフの美人キャスターとして人気を得ている。

一方、政井マヤといえばあるあるの打ち切りで後がなくなってしまった。しかも、捏造事件を引き起こしてしまった番組の進行役となれば、本人に非はなくとも、イメージダウンは避けられないだろう。今後の政井アナの同行が気になるところだ。

トップページ  |  01:47  |  テレビ

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。