スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

亀田興毅 「納豆がかわいそうや。俺も同じくテレビにやられたからな」

2007.01.24 (Wed)|


亀田興毅「納豆がかわいそうや。俺も同じくテレビにやられたからな」



WBAライトフライ級タイトルを返上し、3月24日にフライ級ノンタイトル戦を行う亀田興毅が24日、都内協栄ジムで練習を公開した。

「ライトフライ級ではみんなが喜ぶ試合ができなかった。これからはパワーとテクニック、色んな戦い方をうまくミックスさせていきたい」とコメント。

トレーニングに加え、さらに毎日3パック食べているという納豆も筋力強化には効果的だという。

ダイエットに効果があると紹介されたものの、データ捏造であることが発覚し話題となっている納豆だが、興毅は
「納豆がかわいそうや。たんぱく質が多いんやから、やせるんじゃなくてパワーがつくんやろ」 と納豆を擁護した。
「俺も同じくテレビにやられたからな。俺は変わらず食べていくよ」
と、厳しいバッシングにさらされた自身の苦い経験を引き合いに出しつつ、今後も納豆を有効に活用していくことを宣言した。



亀田興毅にしては、何ともまともなコメント。
納豆に関しては、前から「よく食べている」と言っていた。現に、ローソンで亀田興毅を応援する弁当・寿司をプロデュースした際、好物の納豆食材を多く使用していた。納豆にとろろ芋を合わせたスタミナサラダ「浪速乃闘拳サラダ」などが販売されていた。

バッシングの標的とされた『納豆』問題の方は、制作会社の社長が引責辞任する騒ぎになった。しかも、その責任の所在をめぐって、テレビ局側にはさらなる批判が集中している。
一方、八百長問題などで未だに疑惑を持たれている亀田は、今後、フライ級でも、その疑惑がつきまとうだろう。次のタイトル戦で、そのダーティーなイメージを払拭することはできるのだろうか。
トップページ  |  20:07  |  インパクトコンパクト

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。