スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

和田良寛レフェリー 秋山vs桜庭戦について「因果応報」

2007.01.21 (Sun)|


和田良寛レフェリー 秋山vs桜庭戦について「因果応報」



サムライTV「格闘ジャングル」1月20日放送において、和田良寛レフェリーが「まずは、はじめにですね、当日、審判団の一員として、また自分のミスにより、やっぱり桜庭選手なりファンの皆様、関係各位の皆様には多大なご迷惑をお掛けしたことをこの場をお借りしまして深くお詫び
申し上げます」と謝罪。

一方で、秋山の件に関して"真実"を語った。
「あと、この問題に関してなんですけど、この試合僕はサブレフェリーでしたんで直接関わった審判団なんですから言える事言えない事というのは多分にあるんですね。その辺はちょっと了承していただければありがたいので。えー、でもこれだけは言えますね。“因果応報 神様は見てます真実は神様が知ってます”僕はこれだけしか言えません。本当に申し訳ないです」



次第に、"事実"が語られるようになってきた。
どうやら、谷川プロデューサーが発表した事柄とは異なるようだ。

今回の一件で、「反則はできない」ということが示されたように思う。
多くの視聴者・観客の目で、映像での繰り返される検証が可能となった現在では、チープな言い逃れはできない。

現に、後ろにいたサムライガール(ほぼ格闘技については素人だという)が「乾燥肌の方は日サロなんかで焼いたら余計カサカサするんじゃないですか?」と、目も覚めるような疑問を口にしている。秋山には、既に逃れるすべはなさそうだ。
トップページ  |  09:49  |  インパクトコンパクト

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。