スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

センター試験終了前、解答を産経新聞がネット掲載

2007.01.21 (Sun)|


センター試験終了前、解答を産経新聞がネット掲載



産経新聞社は、試験当日の全試験終了後でなければ公表できないことになっている解答の一部を、終了前に同社のインターネットサイト「Sankei Web」に掲載したと発表した。

「公民」と「地理歴史」の全科目の解答を午後2時10分から約30分間掲載してしまっていたが、この2教科の試験は終わっていたため、実質的な問題はなかたっと思われる。

同社は「受験生に無用の混乱や動揺を与えたことをおわびいたします」としている。



前回のセンター試験では、現代文や英語の問題が漏洩したのではないか、という騒動があったが、今回は規定の時間前に、解答のフライング発表がされてしまったとのこと。

たしかに、実質的な問題はなかったが、新聞社としては責任を問われるべき行いだったと思われる。ネット環境や携帯の普及率が爆発的に上昇した現在では、ほんの少しの情報公開ミスが、試験自体に致命的なダメージを負わせかねない。それを考えると、再発防止を徹底させる必要があると思われる。

また、今回のセンター試験でもリスニングテストに使われたICレコーダーに問題が起こり、380人程度の受験生が再テストを受けざるをえなかったという。
情報漏洩を防ぐ施策や発表に関するガイドラインの確立、ICレコーダーの問題など、改善すべき点は、今後も残っているようだ。
トップページ  |  00:30  |  インパクトコンパクト

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。