スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

ひき逃げ前川に追加処分科さず

2007.01.19 (Fri)|


ひき逃げ前川に追加処分科さず



パ・リーグの小池唯夫会長は19日、オリックスが業務上過失傷害などの罪で起訴された前川克彦(登録名勝彦)被告の契約解除を発表したことを受け、連盟として追加処分を科さない方針を明らかにした。

小池会長は「球団として適正な措置を取ったと思うので、尊重したい」と話した。前川被告は19日付でコミッショナーから自由契約選手として公示された。



雑賀忠夫球団社長は18日に、
「本人の希望ならば、今すぐは無理としても、社会的状況が許せば手助けしてもいいのでは。門戸は開けている」と、球界への復帰もありえることを示唆していた。

前川容疑者の起こした事故は以下の様子。
6日午後2時ごろ、乗用車を無免許で運転し、交差点で左折する際、横断歩道を自転車で渡っていた女性をはねて両ひざなどに1週間の軽傷を負わせ、救護せず逃走した疑い。前川容疑者は事故後、車を降りて女性と口論、近くにいた警察官が免許の提示を求めると車に戻って逃走した。

…はっきりいって、同情の余地はないように思えますが、「ほとぼりが冷めたら戻す」ということで決着した様子です。

この手の事件としては、SMAP稲垣吾郎の件が思い出される。
稲垣メンバーの場合は、およそ5ヶ月ほどで復帰したが、前川容疑者の場合はどうであろうか。幸い、女性が軽少だったと言うことで復帰の道も残されているようだ。

中村紀洋といい、前川克彦といい…今年のオリックスは、波乱含みのスタートとなった。
トップページ  |  20:51  |  インパクトコンパクト

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。