スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

DJ OZMAがブログで反論? 紅白の全裸騒動

2007.01.11 (Thu)|


DJ OZMAがブログで反論? 紅白の全裸騒動



NHKが昨年の紅白歌合戦で抗議殺到の過激パフォーマンスを演じたDJ OZMAの関係者を9日、事情聴取した。

その後、NHKによると、DJ OZMA側は事実関係を説明した上で、
「断りなしに裸に見えるボディースーツを着用して迷惑をかけた。視聴者に不愉快な思いをさせ、おわびする」旨の文書を提出したという。
事実上、『独断による全裸パフォーマンスを行った』、ということをDJ OZMA側は認めたことになる。

一方で、DJ OZMAの"親友"である氣志團の綾小路翔によるブログを見ると、「1.7 年頭のご挨拶」と題された文章には、NHK側に対する反論ともとれる文章を綴っている。
まず、
「モラルは大事だね。
他人と共存して行く以上、共有しなくてはならない意識って必要。
でも自分の気持ちは自分の気持ち。
他人に強要される必要なんてどこにもない。
自分自身の感受性がすべてだ。」と語り、パフォーマンスを肯定するかのような発言をしている。

さらに、
「情報に流されるなんて一番愚かでしょ?ただ悲しいかな、この国の国民性的に、非常に操られやすいんだよな。でもさ世論なんて、常時誰かが作ってるものなんだよ。
だからこそメディアに踊らされず、嘘と本当を見極める力が必要なんだ。ニュースも本も教科書さえも、誰かの視点。
怖い時代だぜ。
食べ比べたこともないスイーツも、見比べたこともない映画も、聴き比べたこともない音楽も、更には正義の概念さえも、情報の波にさらわれちまうと、いつしか正確な判断が出来なくなってしまう。
いや、もう既にそうなりつつある。
気がつかないうちに俺達はいつだって誰かの手のひらの上で一所懸命ダンスしているんだ。それでも俺は、俺の一生をかけて真実が知りたい。」と、上記の"作られたNHKの調査内容"に、反論するかのようなコメントをブログで発表している。



「なんだか知らないけど、盛り上がってるみたいですね。当ブログ。」とあるとおり、『1.1 明けましておめでとう。』と題された文章は、既に3785件ものコメントが寄せられている。

「あけましておめでとう」という新年の挨拶もあるが、多くは紅白でのパフォーマンスでの賛否両論で埋め尽くされている。コメント部分をブラウザで開くのも重いくらい、多くの書き込みがある。

NHK側からすれば、「OZMAの独断で片が付いた話じゃないか!」ということで堪ったものではないかもしれないが、OZMA側からすれば、精一杯の"反論"をしたのだろう。

今後、こうしたブログでの"反論"があったりと、短期決戦を望むNHKの思惑通りにはいかない様相を呈し始めたようだ。

【内部リンク】
紅白歌合戦の珍事件一覧

やっぱり非難された紅白

NHKは関知していなかったDJ OZMAのポロリ

ナイナイ岡村の紅白ジャック舞台裏

NHKに切られた?DJ OZMA

世界に激震! DJ OZMAの全裸騒動

NHK会長謝罪 紅白の全裸騒動

ほしのあき も苦笑い DJ OZMA騒動

とうとう文科省が苦言 紅白の全裸問題

11日に真相が明らかになる? DJ OZMA全裸騒動

ファンはがっかり? 謝罪しちゃったDJ OZMA
トップページ  |  17:40  |  インパクトコンパクト

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。