スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

とうとう文科省が苦言 紅白の全裸問題

2007.01.06 (Sat)|


とうとう文科省が苦言 紅白の全裸問題


第57回紅白歌合戦において、DJ OZMAのバックダンサーが裸(実際はボディペイント)になったことは、ロイター通信で伝えられるなど、世界的な注目を集め、賛否両論を呼び起こした。

その件に関して、伊吹文明文科相は5日、「品性を持っている人間が動かしていけば、そういうことは起こらない。NHKもよく考えればよい」と苦言を呈した。

「法規制をかけると表現の自由を侵してしまう」とした上で「国民の税金に類するもので運営されているわけだから、お互いに自制心をもってやるということだろう」と指摘。NHKに品性を欠いた放送の自粛を促した。



とうとう文科相までもが、この騒動に発言をするところまできた。

一方で、DJ OZMAは紅白以来ずっと、沈黙を守り続けている。
彼の公式HPに掲載されているブログは10月7月以降、更新されていない。

また、DJ OZMAと同一人物である綾小路 翔のブログでは、
「昨年はありがとう。今年もよろしくな!おまえらにとって素敵な一年になりますように…」と記されているのみ。

時間が経過することで、問題が鎮火するのを待っているのだろうか。
謝罪するのが得策か、はたまたこの騒動を利用して、より注目を集める方をとるのが得策か…DJ OZMAにとって2007年は、悩ましい年になりそうだ。

【内部リンク】
紅白歌合戦の珍事件一覧

やっぱり非難された紅白

NHKは関知していなかったDJ OZMAのポロリ

ナイナイ岡村の紅白ジャック舞台裏

NHKに切られた?DJ OZMA

世界に激震! DJ OZMAの全裸騒動

NHK会長謝罪 紅白の全裸騒動

ほしのあき も苦笑い DJ OZMA騒動
トップページ  |  10:16  |  インパクトコンパクト

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。