スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

NHKに切られた?DJ OZMA

2007.01.02 (Tue)|


NHKに切られた?DJ OZMA



第57回NHK紅白歌合戦にて、DJ OZMAの歌唱場面にトップレスの女性ダンサーが複数登場。実は裸を描いたボディースーツを着た演出だったが、同局には「ふざけすぎ」などの苦情が252件寄せられ、急遽放送中にアナウンサーが謝罪して対応した。

生放送中に総合司会の三宅アナウンサーが「実はダンサーはボディースーツを着用していて裸ではありません。誤解を招いて申し訳ありません」と謝罪した。

実は、NHKの対応は一転している。

偽物とはいえ同局史上初めてヌードを放送の事態に同局広報は放送中の取材には「演出の一部として認めた」と説明。

しかし、番組終了後に「裸と見間違えかねない姿になることは演出側は知りませんでした。最終のカメラチェック(前日)とは衣装が違う。今回の紅白のテーマにふさわしくないと考えてます」と、見解を一転させた。
同局幹部によると、リハーサルでは女性ダンサーはビキニ姿だった、という。



果てさて…どっちが正しかったのでしょうか?

仮説1))NHKは知らなかった。
ビキニまでの演出は認めたが、裸のペインティングは認めていない、という説。この場合、DJ OZMAの悪のりが過ぎた、ということだろう。

仮説2))NHKは知ってた。
裸ペインティングまでの演出をNHKが関知していたという説。この場合、上層部からの「これはマズイぞ」という声があって、DJ OZMAに責任を押しつけた。DJ OZMA側としては、以前から開チン宣言などもあり、「やってやったぜ」ぐらいにしか思っていないのだろう。イメージ的に傷つく恐れもない。NHKには出禁となるだろうが、他局からはオファーが増えるのではないだろうか。一気に知名度が上がった点からして、プラスになったと考えられる。

…実際に後者が本当だとしたら「上手いこと手を打ったな」、という所だろう。

DJ OZMAはこの一件で話題をほぼ独占しているし、紅白の話題性も高まった。結果として、両者ともほくそ笑んでいる様子が目に浮かぶ。

しかし、紅白は来年以降も、こうした『サプライズ捜し』に奔走させられることだろう。だが、視聴者がそれを望んでいるかどうかの議論には、なかなか目が向かないことが懸念される。
トップページ  |  02:01  |  未分類

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。