スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

やっぱり非難された紅白

2007.01.01 (Mon)|


やっぱり非難された紅白



NHK紅白歌合戦で、白組のDJ OZMAの後ろで踊っていた女性ダンサーが着ていた衣装を巡って視聴者から抗議が相次ぎ、アナウンサーが番組中に謝罪するという騒ぎになった。

衣装は、女性の裸がデザインされたボディースーツだったが、視聴者からは「裸ではないか」「子供も見ているのに、ふさわしくない」など、番組終了までに100件を超える抗議がNHKに寄せられたという。

結果、総合司会の三宅民夫アナが「視聴者のみなさんに誤解を与える結果になり、申し訳ありません」と謝罪する一幕もみられた。



ジャネット・ジャクソンがフットボールの幕間に登場し、乳首を見せたことで相当なペナルティを受けたことを考えると、やっぱり問題だったのではないでしょうか。

しかも、そんなに浅くない時間帯。
洒落で済ますには、ちょっといきすぎたおフザケだったんじゃないでしょうか。

もちろん、リハもやっていたでしょうから、これを許可するNHK側にも問題があるのでしょうが…今後、紅白はどんな方向にむかっていくのでしょうか?

批判を「反響」と勘違いして、より民放に近づいたほうへいってしまうのが懸念されます。そういったクダけたおふざけが観たかったら、他局を観ますよ。
トップページ  |  01:13  |  未分類

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。