スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

藤原紀香・陣内智則が出会ったドラマ

2006.12.27 (Wed)|


藤原紀香・陣内智則が出会ったドラマ



二人が出会ったドラマは、「59番目のプロポーズ」というタイトル。
…ものすごく似たタイトルのドラマがありませんでしたか?
「数字を変えただけか?」と思ってしまうが、まぁ、それは置いておきます。

…で、あらすじはどうかというと、これがまた「電車男」の丸パクリ。

あらすじ
『行きつけのバーにいた由美(藤原紀香)は、携帯をガンダム系の着信音にしていたのがきっかけで、鉄工所で働く2つ年下の長谷川清吾(陣内智則)と意気投合した。
由美はガンダムが大好きだったのだが、清吾はその分野のオタク。ガンダムの話題で盛り上がる中、由美は酔った勢いで清吾に「オタク!」などと叫び、なんと飲み代まで払ってもらった。
程なく、この清吾に合コンを申し込まれた由美は、仕方なく江利子ら3人に声を掛けた。清吾が連れてきたのは、案の定、電車系、昆虫系、道路系の3人のオタク。江利子らは、当然ながらオタクパワーに付いていけなかったが、由美だけは清吾と盛り上がった。由美に一目惚れした清吾は、そのまま家の前まで押しかけ、大声で「付き合って下さい!」と叫ぶ。良いというまで指一本触らないという清吾の強引な愛の告白に根負けした由美は、思わず“前向きに考える”と答えてしまった…』

…その後、もちろん上手いこといくわけです。
ちなみに、視聴率は8.9%



…どうして、藤原紀香さんはこんなにも持ち上げられているのでしょうか?

だって、代表作は「だめんずウォーカー」あたりでしょ?「できたて飲むか藤原紀香」でしょ?
伊集院さん曰く「取り扱いの難しいイエローキャブ」ですよ。
…その通りじゃないですか?

出会ったドラマも、タイトルや設定を丸パクリしたものじゃないですか。

…当然のことでしょうが、藤原紀香さんが普通に俳優やら青年実業家あたりと結婚したら、こんなにも騒がれなかったでしょうね。

女優業は廃業(に近い形)にして、バラエティ出演が増えそうですな。
…たぶん、それを観て腹立たしい気分に成るんでしょうな、私は。
トップページ  |  18:34  |  インパクトコンパクト

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。