スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

インパクトコンパクト「藤岡弘、の弱点」

2006.11.28 (Tue)|


藤岡弘、の弱点



数々の武勇伝を持つ藤岡にも怖いものもある。それはヘビ。少年時代、ヘビがカエルを飲み込む姿を見て以来トラウマになっている。
(ナイナイのANN)

苦手な食べ物はホワイトアスパラガス。
(とんねるずのみなさんのおかげでした)



・・・普通。

ちなみに、wiki『藤岡弘、』で前にも読んだことがあったけど、やっぱり笑ってしまったのが下記の記事。

・8人の猛者との格闘
 高校で柔道部の主将を2年務めていた藤岡は大学生に他流試合を申し込むほどの実力者となっていた。そんな藤岡はいい意味で際立った存在となり不良連中の目の敵となってしまう。
 そんなある日8人の愚連隊が藤岡に因縁をつけてきた。「忍耐こそが武力」と心得ていた藤岡は無視するもあまりにしつこいので仕方なく格闘。長年の鍛錬で培った技で8人を次々なぎ倒すのであるが、「明らかに相手の骨をへし折っていた」と後に自白。図らずも荒々しい青春を送った藤岡のちょっとしたエピソードである。

・極貧生活で見出したサバイバル精神
 俳優を志して上京した藤岡に、都会は過酷な試練を課す。
 自然豊かな愛媛県で、大いなる愛情に満たされて育った藤岡は、自己中心主義に代表される都会独特の冷たい空気に失望する。キセル乗車で始末書を幾度となく書かされるなど生活も貧しさを極めており、

インスタントラーメン1ダースで3週間
ラーメン屋で、おろしニンニクと醤油をかけたライスだけを食べる

 など、上京前とはまた別次元の、サバイバル精神を身につけることになるのである。 明日を生き抜くことで精一杯であった藤岡の熱血ぶりを象徴するエピソードである。

・・・スゴイ。
やっぱり、藤岡さんのファンは、「分かってらっしゃる」方が多いようです。
トップページ  |  22:00  |  本日の検索ワード

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。