スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

安部昭恵

2006.11.26 (Sun)|
安倍昭恵さんについて、調べてみました。
出典は、例のごとくwikiさん(『安部昭恵』)

【プロフィール】
・旧姓は松崎
・生年月日は1962年6月10日
・父は、森永製菓元社長の松崎昭雄。
・安倍晋三内閣総理大臣の夫人。
・愛称は「アッキー」。
・聖心女子学院初等科・中等科・高等科、聖心女子専門学校卒業
・卒業後、電通に入社。
・1987年6月、安倍晋三と結婚(恋愛結婚)した。
・2人に子供はいない。
・酒豪である。なお、夫の晋三は酒が飲めない。

【エピソード】
・地元の山口県下関市のコミュニティFM局「COME ON! FM」で、愛称でもあるアッキーの名前でラジオDJを務めていたことがある。

・学生時代は、ギタリストCharの大ファン

・小泉純一郎前首相は独身だったため、安倍晋三が内閣総理大臣に就任したことによって、5年5ヶ月ぶりに日本にもファーストレディーが復活した。

・2006年10月8日の安倍首相の韓国・中国訪問では、ファーストレディーとして早速外交デビューを果たした。

・韓流ドラマが大好きであり、なかでもパク・ヨンハが大のお気に入り。夫人の韓国好きにより、小泉前首相で悪化したとされる、中国、韓国との関係改善に期待が寄せられている。昭恵夫人は韓国語が流暢である。韓国サイドからは「外国人にしてはかなりの水準」と高い点数をもらっていた。

・グリコ森永事件が発生した当時、覆面パトカーが身辺を護衛した。

・昭恵夫人のための宮中晩餐会用のドレスは、地元の山口県立大学の学生(卒業生含む)とベンチャー企業がデザイン、制作した。
 山口県立大の水谷由美子教授(服飾デザイン)が2006年2月、官房長官夫人だった昭恵さんと会合で同席した際に持ち掛けて実現した。
 ドレスは、県特産の夏ミカンをイメージした淡いオレンジ色のドレスである。昭恵さんは「きれいな仕上がりでうれしい。11月の晩餐会で着てみたい。(オレンジ色は)山口の色だし、山口をPRできれば」と語った。
阿部昭恵



・2006年9月26日付の英紙タイムズに、昭恵夫人のことが掲載された。「彼女は(酒を)飲み、ダンスし、ディスクジョッキー(DJ)もする日本の新ファーストレディー」との見出しで、好意的に紹介されていた。

・2006年10月19日、昭恵夫人をサポートする「首相公邸連絡調整官」が新設された。海外出張や公邸での接待の際、首相夫人に随行し、立ち居振る舞いをアドバイスしたり日程調整などにあたる。連絡調整官には、元外務省参事官で立命館大客員教授の宮家邦彦氏が起用された。

・2006年11月22日、来日中のデンマークのラスムセン首相夫人と訪問した幼稚園で、蛇を首にかけられた。その後、園児が蛇、ポニーと触れ合っているところを見学したとのこと。
安部昭恵 蛇.


安部夫人 花

・財団法人日本花普及センター(東京都中央区)は30日、国内で市販されている新品種の花の中から、最も優れた花を表彰する「第1回フラワー・オブ・ザ・イヤー」の表彰式を東京都千代田区の東京国立近代美術館で行った。
 表彰式には安倍首相夫人の安倍昭恵さんが特別ゲストとして来場、受賞者から受賞作品の花を贈られ、笑顔を振りまいた。
 特別ゲストとしてあいさつした昭恵さんは「家では花を絶やしたことはありません」と語り、「花のある生活を通して心に余裕を持ってください」と呼びかけた。

・2006年11月21日にブログを開設「安部昭恵のスマイルトーク
"お知らせ"と題して、以下のようにブログを開設した動機を綴っている。


安倍昭恵です。

多くの皆さまに応援して頂き、大変心強く感謝しています。主人が総理大臣に就任して以来外遊に同行するなど、私の生活も大きく変わりました。このブログを通してその一端を紹介し、私の日頃感じている率直な思いをご理解頂ければ嬉しく思います。




・11月20日、ベトナムでハノイ日本人学校を訪ねた際に、学生から「安倍総理を尊敬されている所はどこですか?」と尋ねられたところ、昭恵夫人は「だれに対しても同じ態度で接してくれる所です」と答えた(ブログ 2006/12/13)。

・アグネス・チャンは安部総理の友人であり、家族ぐるみの付き合いをしている。クリスマスディナーのパーティーに呼ばれた(ブログ 2006/12/25)。

livedoor newsに昭恵夫人のブログ「安倍昭恵のスマイルトーク」開設を取り上げられていた。内容は、
1)開設の目的、内容について
2)ブロガーによる昭恵夫人のブログについての感想
3)2chでの書き込み内容

また、同記事によると安倍首相の衆議院事務所はJ-CASTニュースに対し、
「基本的に(内助の功)その方向でブログを開設したのは間違いないと思います。内助の功を発揮できるかは書く内容によると思いますが…」とコメントしているという。

また、フジテレビ系のニュース番組に登場すると、
「自分の言葉でみなさんに語り掛けたい。私しか知らない安倍総理を伝えたい」などとブログ開設の思いを語っている、という。

・安部首相が訪欧した際に、イギリスの一部経済誌は日英首脳会談を報道したが、大多数は報道じたいしなかった。
その中で、インディペンデント紙は「(安倍首相は)小泉前首相の大きな影から逃れようとしてきた」など、安部首相に対しては否定的な記事が多かった。

その一方で昭恵夫人に関しては、「(昭恵夫人という)秘密兵器を持っている」などと紹介。「首相の当初の人気の2割を担ったとの指摘もある」と夫人に重点を置いて記事化した。

・2007年01月28日、北九州市で「ファーストレディー」となって初の応援演説を行った。北九州市長選(2月4日投開票)で自民、公明両党が推薦する候補者の集会に登場。候補者との面識はなく、「すばらしい人」と述べた後で「会ったことはないですけど…」と自らフォロー。詰めかけた4,000人の爆笑を誘った。
 首相とのなれそめや生活ぶりなども明かした昭恵さん。「主人は美しい国づくりのため、一生懸命頑張っています。地方を見捨てることはありません。皆さんにご理解いただきたい」と訴えた。
トップページ  |  08:59  |  本日の検索ワード

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。