スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

爆笑問題・田中裕二のエピソード集

2012.11.22 (Thu)|
・高校時代は太田と対照的に人気者で、「ウーチャカ」という愛称で「ウーチャカ大放送」という校内ラジオ放送のパーソナリティをやっていた。全校生徒によるアンケートで「ミスター井草」にも選出されたこともあった(田中裕二 (お笑い芸人) - Wikipedia)。

・「ウーチャカ大放送」のテープを、爆笑問題結成初期の時代、自動車に乗るたびにカー・オーディオで太田に聞かせていた。その内容は、2008年6月27日のコンビ結成20周年記念となった『爆笑問題の検索ちゃん』(テレビ朝日系)にて放送され、不評だった。

・早稲田大学教育学部も受験したが、受験日を1日間違えるという致命的な失敗を犯してしまった。その失敗の教訓を得てか、一浪を経て、日本大学藝術学部(日芸)演劇学科に合格し(十数年後にテレビ番組で、本人は大学に落ちたものだとばかり思っていたと告白)、太田と出会う。日芸時代でも田中本人が「ウーチャカ」と呼んでくれるよう周囲に頼んでいたが、「小僧(先輩)」とも呼ばれていたという。

・日芸在籍時には、マキノ雅弘が主催していた私塾にも通っていた。

・大学の先輩とお笑いコンビ「東京ギャグポンプ」を組んでTBSの昼の番組のレギュラーを持っていたが、売れずに2か月弱で解散。当時の芸名は「白木屋みのる」(背が小さいことから白木みのると居酒屋の白木屋をもじってつけられた)で、ボケ担当。コンビ名・芸名を考案したのははらみつお。当時の相方は編集者(2006年時点)をしている。

・1988年3月に漫才コンビ「爆笑問題」を結成。コンビではリーダーを担当しているが、田中が自ら立候補したのではなく、太田が決めたものである。

・2000年正月放映の『号外!!爆笑大問題』(日本テレビ系)で、田中が所属事務所が入居しているビルの1階の花屋に勤務する9歳年下の女性の自宅を訪れ、両親にあいさつしたと太田がバラし、メディアが一斉に扱った。同年3月24日にその女性と結婚。その後、二世帯住宅を建てた。

・2000年9月12日、睾丸肥大のため都内の病院に入院。10月9日に左側の睾丸摘出手術を受けた。ちなみに摘出した睾丸を病理診断・研究したのは向井千秋の夫である向井万起男(慶應義塾大学病理専門医)だったとのこと。

・2009年10月2日、自らの離婚を発表した。その後、前妻が臨月に入っていることが報じられた。
スポンサーサイト
トップページ  |  00:59  |  芸能人の方々を観察してみる

爆笑問題・田中の初体験エピソード

2012.11.22 (Thu)|
2012年11月20日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、爆笑問題・田中裕二の初体験のエピソードが語られていた。

爆笑問題・太田「田中は25~26歳まで童貞で。とにかく、風俗とかは不潔だ、と。『風俗で筆おろしみたいなのは、絶対にイヤだ』っていって」

「それで、俺達が…周りが、金を出してやるからって言って。行かせたのよ、無理矢理、風俗に。イヤがる田中を、新宿の『ヤングレディー』って、当時、ソープで1番のお店があったんだよ。そこが良いからって行かせようとしたら、『ちょっと待ってくれ…行くなら、違う店が良い』って言い出して。『決めてある』って」

「なんだそれは、って話だよな。『"ドンファン"か"シルクハット"が良い』って言って。『お前は紳士か?イギリス紳士か?』って。そこで、5万6千円のソープ、それが初体験だからね、アイツの。そしたら、すっかりスッキリした顔で帰ってきて。『いやぁ、いいねぇ』なんて言って」
トップページ  |  00:45  |  ラジオ

伊集院光のエピソード集

2012.11.20 (Tue)|
・父は医薬品企業ライオンの研究員であり、日本初の女性用生理用品「アンネナプキン」等の開発を担当した(伊集院光 - Wikipedia)。

・伊集院は四人きょうだいの次男で兄・姉・弟がいる(伊集院光 - Wikipedia)。

・高校受験に失敗し、すべり止めで足立新田高校に入学。部活動(野球部)を除いてあまり真面目に通わないようになり、アメ横の店員、スーパーの店員(惣菜製造など)といったアルバイトをしていた。

・1984年7月、不登校がちだったことを案じられて、父親の知り合いである吉河さん(後に大師匠である5代目三遊亭圓楽の実弟であることが判明)の紹介により、圓楽一門へ入門。三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)の弟子となる。三遊亭 楽大(さんゆうてい らくだい)として活動をはじめる(昼飯の弁当は師匠である楽太郎本人が毎朝作っていた)。 その後、高校を卒業間近である3年生の2月(ただし、本人曰く3年次はほとんど出席していなかったため、卒業に必要な出席日数を確保していたかは不明)に中退。

・「伊集院光」の名でラジオ番組に出演し始める一方で、1988年に二つ目昇進。入門5年目の同年には第17回NHK新人落語コンクール(現:NHK新人演芸大賞「落語の部」)本選に「子褒め」で出場を果たしている(他の本選出場の4人はいずれも修行年数が10年以上)。楽太郎から伝授された噺は40-50席以上。 楽太郎の弟子という関係で、日本テレビの番組「笑点」の「若手大喜利」にレギュラー出演していた。

・1990年、「三遊亭楽大」の名ではなく「伊集院光」の名で人気を博し、脚光を浴びていたラジオ番組出演が一門に知られ問題となる。話し合いを重ねた結果、落語家としての籍を離れる(破門ではなく自主廃業)。この時、楽太郎は伊集院を擁護し、2003年4月には三遊亭楽太郎一門会へ出演させ、ラジオやテレビでの共演もあり、楽太郎は未だに身内として扱っている。また伊集院本人も楽太郎のことを「師匠」と呼び敬意を払っている。

・現在、三遊亭楽大の名は楽太郎門下の他の落語家に受け継がれている(三遊亭楽大 (2代目)を参照)。通常、廃業した人間の名は余程のことがない限り継がれないが、この名を継がせることに関しては、楽太郎から伊集院に説明があったという。

タグ : 伊集院光

トップページ  |  23:42  |  芸能人の方々を観察してみる

オードリー・春日俊彰のエピソード

2012.11.20 (Tue)|
・春日は、芸人になることを父親に話した際、「お前が産まれて22年経つけど、お前が面白いことを言ったことを一度も聞いたことがない。お前で笑ったことがない」と言われた。これに対して、春日は「家では面白いことを言ってないけど、学校とかでは面白いんだよ」と言い放った(オードリー若林「春日の親に挨拶をしておきたいワケ」)。

・毎朝、必ず母親からのモーニングコールで起こしてもらっている(オードリー・春日「母親に必ず起こしてもらっている」)。

・妹がおり、出産の際にはタモリに安産祈願の色紙を書いてもらった(オードリー若林「AKB48の女子たちに怯える」)。

・文藝春秋の6月10日号にて、『オードリー春日 全身白タイツで出演AV発見』という記事が掲載されていた。このことに関して、
春日「GyaOの『面接王』の企画で、セクシーユニットのWELCOMEって親衛隊がいたでしょ。彼女たちの撮影現場に行って、パンツを撮ってくるっていう企画があったでしょ。それで、DVDにも出るっていう企画。全身タイツを着て、寝ていて女の子たちがテクニックを見せるっていう感じになったじゃないですか。アレに出てたんですよ。それが雑誌に載っていて、春日の恥ずかしい過去、みたいな」と話をしており、AVではなかったことを明言している。

・『ドラえもんの科学みらい展』でのロケ中、半ズボンからタマ○ンがのぞいてしまったことがあった(オードリー・春日「番組収録中、子供の前で全開ハミチン」)。
トップページ  |  00:58  |  芸能人の方々を観察してみる

オードリー・若林正恭のエピソード

2012.11.20 (Tue)|
・父親は人見知りの若林と真逆の性格の人物である。若林が家に連れてきた彼女に向かって「ポットみたいなツラしてるな」と言い放った。次の彼女の時は、「草履の裏みたいなツラしてるな」と言い放った(オードリー・春日「タモリに妹の安産祈願をお願いする」)。

・若林の父親は、実はフォークソングの歌手を一時期やっていた(歌ヘタ・オードリー若林の父親はフォークソング歌手だった)。

・2歳違いの姉が1人おり、「かなりパンクな人物」とラジオで語っていた。

・一眼レフカメラにハマっていた時期があった(オードリー若林「寂しすぎる休日」)。

・久本雅美にはハマっていない(オードリー・若林「久本雅美に嫌われている」)。

・チャットモンチーのファンであり、ライブにも行って楽屋挨拶している(オードリー・若林「チャットモンチーのライブで人見知り発動」)。

・ブレイク前の時期に、くじらとダブルネームのジョーに、「出演したことのあるテレビ番組で山手線ゲームしようぜ」と言われ、全く番組を言えなかったという屈辱を受けたことがあった。ブレイク後、まだあまり売れていない2人に対して、次々に番組名を挙げていくという雪辱を果たした(オードリー若林「売れない芸人時代に受けた屈辱」)。
トップページ  |  00:58  |  芸能人の方々を観察してみる

有吉弘行のエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・1993年3月2日放送分読売テレビ『EXテレビ』の企画「公開弟子審査会」に合格し、オール巨人に弟子入りする。しかし、他の弟子との喧嘩が原因で、謹慎を命じられる。謹慎扱いとなった有吉は、1994年に森脇和成とお笑いコンビ猿岩石を結成し、猿岩石のボケ担当としてデビュー(有吉弘行 - Wikipedia)。

・1996年に『進め!電波少年』でのヒッチハイクの旅企画で話題になり、帰国後、大ブレイクする(有吉弘行 - Wikipedia)。

・誰もが知る人気者となり、CDや著書が爆発的に売れるも、ほどなくして人気は低迷し仕事が激減。それから7・8年間、広島のローカル局での出演以外は仕事がなく、経済的に自活することもできずに食事などは上島竜兵らの世話になっていた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・上島とは毎日のように行動を共にし、頻繁に小遣いを貰っていた。また、その頃上島から「月に30万円やるから、ずっと俺の傍にいてくれ」とも言われた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2004年3月に、森脇との方向性の違いで猿岩石を解散。ピン芸人として活動を始める(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2004年ごろから、『内村プロデュース』に度々出演するようになり、これが久方ぶりの全国ネット番組への出演となった。同番組内では「猫男爵」「笑わないキング」といった名物キャラクターも生まれた(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2007年ごろから、他のタレントや芸人に対しての「あだ名の命名」が注目され始め、「毒舌芸人」「イジり芸人」として多くのバラエティ番組に出演するようになる。再ブレイクを果たしたため、「一発屋」ではなく「二発屋」という異名を持ち、本人も度々名乗ることがある。「一度目は芸人として売れたわけではない」との理由で、「1.5発屋」と名乗ったこともある(有吉弘行 - Wikipedia)。

・その後順調に仕事は増え、2011年にはメディアの調査・分析を行うニホンモニターの調査による『2011年テレビ番組出演本数ランキング』において、出演総本数499本で1位となった(有吉弘行 - Wikipedia)。

・2012年3月、広島県観光大使に就任した(有吉弘行 - Wikipedia)。

・名前の読みが「ひろゆき」ではなく「ひろいき」である理由は、父親が役所に名前を提出する際に、酒に酔っていたため「ひろいき」と間違えて申請したためである。そのため、父親は「ひろゆき」と呼んでいると有吉は語っている(有吉弘行 - Wikipedia)。

・プライベートでは自分に返ってくるとの理由で陰口などは言わないようにしている。女子中高生各1,000人にアンケートを実施している「@peps!ランキン」でも「毒舌芸能人No.1は?」で1位にランクインしている(有吉弘行 - Wikipedia)。
トップページ  |  22:59  |  芸能人の方々を観察してみる

フットボールアワー・後藤のエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・趣味のギターを芸に利用することがあり、ローカル番組『ノブナガ』においては今田耕司プロデュースの『GO★TO』としてEDテーマ曲を自作・演奏・歌唱しており、曲はCDデビューを目標に、着うたとして部分的に配信されている(後藤輝基 - Wikipedia)。

・吉本男前ランキングの常連だったが、ブサイクランキング殿堂入りである相方の横にいるから良く見えるのだという指摘や、それによって最終的に「たいしたことない」と評されることを主にネタにしており、後藤自身では「ギリギリイケメン」と称している(後藤輝基 - Wikipedia)。

・鳥に似ていることを自他共に認めているため、「地鶏亭ピーチク」「鳥類亭トリガラ師匠」など、扮するキャラクターが鳥にまつわる名前になることが度々ある。また、宝塚歌劇団の男役に似ていることもネタにされる(後藤輝基 - Wikipedia)。

・ゴッドタンで作曲した「ジェットエクスタシー」(通称ジェッタシー)の曲やPVのダサさが有名となり、番組の人気企画になった。掲示板やツイッターでダサいの代名詞や悪い意味で使われることがあることがたびたび番組で話題になる。(例、「腹の調子がジェッタシー」「オレの今日の服ジェッタシー」)(後藤輝基 - Wikipedia)。

・大腸ポリープを、7個切除したことを明らかにしている。なお、父親は11個切除している(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・黒柳徹子に、『あなたたち、あの…あの…ジメジメした2人の番組によく出てらっしゃるの?』と言われた。その"ジメジメした2人"とは、雨上がり決死隊のことだった(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・「どんな番組に出たい?」と訊かれて、「若手が死にそうになっていて、それを腹抱えて笑う番組」と答えている(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。
トップページ  |  21:12  |  芸能人の方々を観察してみる

千原ジュニアのエピソード集

2012.11.19 (Mon)|
・大阪時代には、大阪地方裁判所の公判をよく傍聴していた。ある公判を傍聴中、入廷した被告人がジュニアを指さして「あっ! ジュニアや!」とはしゃいだために、ジュニアが退廷を命じられたこともあった。
パソコンを所有しているが、コンピューター音痴で、執筆活動も手書きである(wikipedia)。

・大阪の二丁目劇場で活躍していた頃は、劇場のすぐ近くのマンションに住んでおり、ジュニアの部屋を知っているファンも多かった。そのため、いたずらをされることも多く、一番酷かったのは「部屋のドアに、マヨネーズで『ケチャップ』と大きく落書きされた」ことだという(wikipedia)。

・1995年11月に、大阪でAPECが開かれた際、会場の大阪国際会議場を臨むマンションに住んでいたジュニアの元に、大阪府警機動隊がやって来た(要人を狙撃するには最適の場所であったため)。開口一番、機動隊員から「過激派か?」と聞かれたことに腹を立てたジュニアは、「どちらかと言うと過激派」答えたが、逆に「いちびるな!」と一喝された(wikipedia)。

・大阪時代、部屋にケンドーコバヤシが遊びに来た際、ジュニアの当時の彼女が料理を作った。表面的には無愛想だったジュニアだが、彼女とすれ違いざまに小声で「美味しかったで」と囁いていたという(wikipedia)。

・「ジュニア」と呼ばれるようになったのは、当時せいじのバイト先の喫茶店で、浩史が読んでいた漫画「キャプテン」に出てくるキャラ・「五十嵐」の弟が「五十嵐ジュニア」と呼ばれているのを、喫茶店マスターが気づき、提案したことから(wikipedia)。

・兄のせいじに隠れている印象があるか、天然ボケな一面がある。後輩と靴店へ行った際、「こんなブーツ出たんか、かっこええなぁ」と感想をもらしたが、その時自分が履いていたものとまったく同じブーツだった(wikipedia)。

・コントライブのセッティングの際、ジュニアは「照明がいつまでたっても明るくならない」と怒っていた。その際ジュニアは、サングラスをかけていた(wikipedia)。

・「ジュニアを含む5人でコントライブを開催しよう」と陣内智則が言ったものの、5人共スケジュールが合わず、稽古さえ出来ない状態だった。ある番組の収録の際に、楽屋でジュニアは陣内に対し「ようこのスケジュールでやろうと思ったな」と冗談半分で言った。しかし、返事がなかったため隣を見ると、陣内だと思って喋りかけた人物は、バナナマンの設楽統だった(wikipedia)。

・がさつな人をじゃんけんで例えて「グー派」・神経質な人を「チョキ派」と話し、自身はチョキ派と豪語した後の後輩との食事の席で、「グー派の人はこういう席でもソースや飲み物をこぼすんやろなぁ、考えられへんわ!」と言ったその瞬間、Tシャツにワインをこぼした(wikipedia)。

・「ジュニア」に改名した理由は、占いを得意とする小笠原まさやから「『浩史』ではとがりすぎて周りに敵をつくり、『Jr.』では女性的すぎて結婚できない、だが『ジュニア』にすれば、巨万の富を手に入れます!」と言われたことから(wikipedia)。

・前述のバイク事故で多くの芸人のお見舞いや励ましを受けたが、中でも東野幸治が取り寄せた「鶴瓶上岡パペポTV」の最終回のVTR(編集前のノーカット版)で島田紳助や明石家さんまが爆笑を取っている様を見て、「出る側(芸人)に戻りたい!」と強く決意をした。なお、この話を聞いた山崎邦正は、見舞いに来て「そのVTRを貸してくれ」とジュニアにせがんだ(wikipedia)。

・バイク事故の退院後、『さんまのまんま』にゲスト出演した際、明石家さんまから「退院祝い、何がええ?」と聞かれ「レギュラーください」と冗談で言ったつもりが、後日実際に、『おかしや?さんま!』にレギュラー出演が決まった。当時、さんまはTBSから深夜番組の依頼を長年に渡り断わっていたが、千原兄弟にレギュラーを与えるためだけに、この依頼を承諾した(wikipedia)。

・『14歳』を執筆した際、タレントの書いた本に厳しい評論家に「これはな、聖書だよ」と言われた(wikipedia)。

・2011年7月13日、新大阪駅のホームにて一般女性とぶつかり、左足の小指をハイヒールで思い切り踏まれて骨折し、全治2ヶ月ほどの重傷を負った。翌日7月14日のレギュラー番組である『森田一義アワー 笑っていいとも!』では松葉杖をついて出演し、レギュラー陣たちからも手助けされていたが、タモリと笑福亭鶴瓶からは「そこまでして笑いを取りたいのか?」と散々イジられていた(wikipedia)。

・中学生時代、友達と接することのない引きこもり生活をしていたことから、定番とも言える遊びをあまり知らない。2010年に、芸人仲間とパリに旅行した際、36歳にして初めてトランプの『大富豪』をし、「こんなオモロい遊びがあったんか!!」と感動した。その一方、ボクシングファンを公言し、ジムに9年以上通っており、格闘技には意外と興味がある模様(wikipedia)。

・せいじの息子からは「ジュニアパパ」と呼ばれて慕われており、メールのやり取りをしたり一緒に旅行へ行ったりしているが、ジュニア曰く「(せいじの息子は)ぎゅっとしたせいじ」で、性格はせいじと似て達者なようである(wikipedia)。

・これまで、ナインティナインと加藤浩次の3人とは共演していなかったが、2012年6月23日放送分の「めちゃイケ」で、およそ20年ぶりに共演を果たした。3人ともそれぞれ「プライベートで少し揉めた釈明をする機会がないまま20年経ってしまった」ためだと言う。また、この日まで吉本興業所属のタレントの中で、この3人だけがデビュー以来テレビ共演が無かったと言う。後日、「みんなでデブエット」のコーナーに出演し、大量のちゃんこ鍋を前に乾杯した際に「初めてナイナイと酒を飲むんなら、もう少しまともな環境で乾杯したかった」とコメントした(wikipedia)。

・バイク事故の際、脳損傷でお笑い芸人としての能力が失われてないかどうかを心配した構成作家が、千原ジュニアに大喜利のお題を出されて。そのお題とは、『見舞いにきた客が、舌打ちをして帰っていきます。何故?』っていうものであり、千原ジュニアは、『ハンモックで寝てる』と書いて、構成作家は安心したという(千原ジュニアが語る「バイク事故からの生還、芸人復帰」)。

・小学校1年生の頃に、初めて自宅でマカロニグラタンを食べた際、あまりの美味さに気づくと玄関に立っていた。食べ終わり、おかわりを要求した際、『もう無い。グラタンは一皿ずつ焼かなアカン』と言われたため、『こんな美味いものをおかわりできないなら、もう出さんといてくれ!』と母親に言ったという(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・『とんねるずのみなさんのおかげでした。』と『リンカーン』に出演したことがないことを明らかにしていた(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。

・今出たい番組は?と訊かれて、「志村動物園」と答えている(ざっくりハイタッチ 2012年11月18日)。
トップページ  |  21:09  |  芸能人の方々を観察してみる

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。