スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

東野幸治 花より男子2に出演秘話

2007.04.08 (Sun)|


東野幸治 花より男子2に出演秘話


テレビ東京の番組「やりすぎコージー」にも関わらず、TBS系列ドラマ「花より男子2」について熱く語った東野幸治。その放送をきっかけに、彼が、花より男子2の最終話に出演したときの裏話を「やりすぎコージー」で語った。

どうやら、「やりすぎコージー」を観ていたという「花より男子2」のプロデューサーが、オファーを出したため、出演の運びとなったようだ。

実は、番組内(2007年03月04日放送)で千原ジュニアに東野幸治は「小栗旬とのコネを使って、瑛太くんに会わせてくれ」と懇願したが、番組後にも「会わせろ」といっていたらしい。その後、なかなか会えずに、娘に「まだなの?」と言われる始末だったという。

そこに舞い込んできたドラマ出演依頼。オファーがあって、マネージャーから「喜んでください、オファーが来ました」とメールがあって、娘にも「悪いけど、その依頼、受けてくれるかな」と言われたという。

「よっしゃ、サインをもらってきてやる」と宣言した東野だったが、娘からは「いや、現場に行く」と言われてしまったという。

さっそくドラマ撮影の日になったとき、マネージャーに「ゴメン、ちょっと家に寄ってくれるかな?」と恥ずかしい思いをしながら言い、一張羅をきた家族と一緒に現場に行く東野。

出演した台詞は、「大丈夫ですか?」「遭難してたんじゃ…」「この二人、一体何をしてたんや」の3つ。その場に瑛太はいなかったため、プロデューサーに頼んで、無事サインもゲットしたという。



家族がロケ現場にいるというのは、ものすごくやりにくかったと思いますが、何とかやりきったそうです。大分、家族の中での株は上げたようですが、スタッフには「こいつ(頭)イタイ」と思われてしまったようです。

主役二人の捜査クルー隊長という役でしたが、思いっきり新喜劇のテイストで爆笑。しかも、テレ東にも関わらず、そのドラマを流すという暴挙は、凄まじい。

【関連記事】
東野幸治も親子で異常にハマる「花より男子2」
スポンサーサイト
トップページ  |  18:27  |  芸能ニュース

夏川純 「サバ!サバ!サバ!」と連呼

2007.04.03 (Tue)|


夏川純 「サバ!サバ!サバ!」と連呼


2007年03月29日放送の「キンコンヒルズ」に出演した夏川純。
司会はキングコングの二人。この日のゲストは、出川哲朗と夏川純だった。

『魚』偏の漢字を時間制限内にできるだけ書くというゲームの中で、夏川純はとっておきの今話題のギャグを披露していた。

なかなか書くことができず、テンパっているというリアクションで笑いをとっている出川哲朗に、負けてはいられないという夏川純は、「サバ(鯖)!サバ!サバ!」と絶叫していた。

この決死のギャグに対して、司会のキングコングや出川はスルー。さすがに触れることは出来なかったようだ。
(2007年04月02日放送の伊集院光深夜の馬鹿力より)


すごい…知ってか知らずかは分かりませんが、気づいていた人は間違いなくツボに入ったというギャグでしょうな。

「さすがに3つもサバ読んでる人は違うな」というツッコミがあれば…と悔やまれてならない。

ちなみに、鯖読みの語源は、"現在のような冷凍技術を持ちえなかった昔の漁師や魚屋は、時間を惜しんで鯖の数量を目分量でざっと計測して、痛む前に急いで売りさばいた、という逸話から、「自称でしかないいい加減な数値」という意味合いへ変化したとの説がある"とのこと。

【関連記事】
夏川純 「アッコにおまかせ」で謝罪

小堺一機が夏川純に 「あれ?今、何歳だっけ?」
トップページ  |  18:16  |  芸能ニュース

上野樹里 「今度のドラマの内容は…親子どんぶり?」

2007.04.03 (Tue)|


上野樹里 「今度のドラマの内容は…親子どんぶり?」


3月27日放送の「ぴったんこカン・カン2時間SP」に出演した上野樹里。この日の企画は、安住アナが大竹しのぶと上野樹里を都内の有名な鳥料理の店にエスコートするという内容。そこで、新ドラマに関してインタビューをしていた。

「今度のドラマ『冗談じゃない』は、お二人はどういった設定なんですか?」と尋ねた安住アナ。ドラマは、主人公は、20歳年下の可憐な女性(上野樹里)と結婚した40男(織田)。ところが、結婚してみたら新妻の母親(大竹しのぶ)は昔の恋人だった。母親はなぜか二人の新居へ押しかけてきて同居することになり、甘いはずの新婚生活は一転して波乱に満ちた生活に……という内容。

若干、ややこしい内容だったが、視聴者は一見するだけで分かっただろう。なぜなら、彼らが食べていた料理こそ、"親子丼"だったからだ。
(2007年04月02日放送の伊集院光深夜の馬鹿力より)


まるっきり関連性がないように見せておいて、実は…という手法だったら、これほど綺麗にキマったことはないだろう。

それにしても、一言でドラマの内容を片付けてしまうとは、何とも味なことをするTBS。しかも下ネタとはスゴイものだ。

【関連記事】
織田裕二「『踊る大捜査線』は二度とやらない」
トップページ  |  17:58  |  芸能ニュース

橋下弁護士 母親から「アンタ避妊の仕方知ってるの?」

2007.04.02 (Mon)|


橋下弁護士 母親から「アンタ避妊の仕方知ってるの?」


「いい旅・夢気分SP」に出演した橋下弁護士。元フジテレビの山中秀樹アナと共に宿での食事を楽しんでいた時、そのエピソードは明かされた。

千葉特産の自然薯が夕餉の膳に並び、「こういうネバネバ(したもの)は体に良いんだよね」という話から、自然と橋下弁護士の子供の話題に流れた。

橋下「(妻に)いい加減にしてくれって言われてから2人生まれましたからね(笑)」
山中「ご両親とか何か言わないの? また(子供が)できたって言った時に何か言わないわけ?」
橋下「うちの母が『徹、ちょっとおいで』と。何かなぁと思ったら、『あんた避妊の仕方知ってるの?』と」
山中「(大爆笑)」
橋下「33(歳)の時ですよ!! 33ですよ!!」

その後も「そりゃ恥ずかしいわ」「それはイヤだわ」と大笑いしながら盛り上がる2人。橋下弁護士は「知ってるわ、おかあっ!」と返したというが、どうやら知っているのと実践するのは別のよう。
(アメーバニュース)


まぁ、言われても仕方のない7人という子だくさん家族の橋本弁護士。

奥さんは、高校時代から交際の続いていた女性であり、同棲を経て結婚した。3男3女の父親であったころから、子だくさんとしても有名だが、2007年夏頃に7人目が誕生する。本人と夫人曰く「ライバルは笑点の山田隆夫と堀ちえみ」(子沢山で知られる山田隆夫は4人、堀ちえみは5人で、合わせて9人である)とのこと。

2006年6月、父の日にちなんで毎年日本で最も素敵なお父さんを選ぶイエローリボン賞(ベスト・ファーザー)を受賞。この日の前日には、第六子(三女)が誕生したばかりであった。

…もはや、ここまでいくと、さらに上を目指して欲しいと願ってしまう。柳沢厚労大臣なんかより、よっぽど国の少子化対策担当にふさわしいとすら思ってしまう。
トップページ  |  22:36  |  芸能ニュース

大橋未歩アナ「思ったよりも大きいですね」

2007.04.01 (Sun)|


大橋未歩アナ「思ったよりも大きいですね」


2007年04月01日放送「やりすぎコージー」のやりすぎFBIコーナーで、「キングコング・西野のペ○スには、黒い三角形のアザがある」ということが取り上げられていた。

その調査に出たケンドーコバヤシは、楽屋と男子トイレを張り込むことになった。首尾良く男子トイレに入った西野に対して、突撃したケンドーコバヤシ。上手く三角形のアザをみることに成功し、デジカメに押さえることが出来た。

その写真を見た大橋アナは、思わず「思ったよりも大きいですね」という何とも危うい発言を残した。


大橋アナといえば、バラエティ番組内でコスプレをすることがあることでも有名。無論本人は仕事としてコスプレをしており、ウサギの耳をつけたときは「こんなもの付けていますが、3年後には三十路です」、2006年9月8日の放送ではセーラー服姿で「私の大切なものは年に2度のボーナスです」とコメントした。

そんなプロ根性を持ち合わせており、しっかりと観察しコメントした大橋さんに思わず拍手。
トップページ  |  15:04  |  芸能ニュース

飯島愛が残した「最後のメッセージ」

2007.04.01 (Sun)|


飯島愛が残した「最後のメッセージ」


2007年04月01日放送の「サンデー・ジャポン」で先週収録の飯島愛の残した「最後のメッセージ」が放送された。

まずは、引退後についての噂の真偽について語られた。
1)サイバーエージェント藤田晋社長と共同してIT企業を経営
これは「全然、知らない。聞いてびっくりした。ブログを書くのにお世話になったけど、あまりよく知らない。お正月なんかにメールが来るくらいのおつきあい」とのこと。

2)1週間に2回英会話を習っていることから、ニューヨークで暮らす
最初は考えていたが、「ニューヨークで暮らそうと考えていたのは、芸能活動が辛かった時期に考えていた一種の逃げだと思う。友達を誘って暮らそうと考えてたときは、たぶん(精神的に)ヤバかったんだと思う」とのこと。

3)精子バンクで体外妊娠を行い、シングルマザーになる
これはトライしてみた、とのこと。しかし、英文が読めなくて半ば断念しているとのこと。若いうちの卵子は保存できることは知っている(保存しているとは断言せず)。相手はハーフがいいな、と答えた。

本当にやりたいことは、言葉を濁していたが、「色々ある」とのこと。
病気をしたときに、医療従事者になろうとも考えたが、仕事に就く頃には定年間際なので止めた、と言っている。

また、病床に臥していたときは、「芸能人は、やっぱり板(ステージ)の上で何か芸をしなくてはならない。私は、歌を唄うわけでも、演技やネタをするわけでもない。ベッドに上にいたとき、真剣に考えた。もう、私は限界だった。私の代わりになる若い子はいっぱいいる」といつになく神妙な面持ちで答えていた。



これで本当に引退、ということになったようです。
サンジャポの一人一人に別れの挨拶をしていましたが、西川史子が手で顔を覆っていたが全く泣いていなかったのが印象的だった。

それにしても、「私の問題発言を庇ってくれて」と何回も飯島愛さんがいっていたのですが、「そんなに?どこで?」と思ってしまいました。誰かが発言しているときに、「何かボソボソ喋ってんな。何言ってるんだ?」と思っていましたが、そのときに何かアブナい発言でもしてたのでしょうか?

結局、今週の放送で西川史子が飯島愛さんのポジションに入っていました。まるっきり違和感ないのが違和感。来週辺りでは、すっかり馴染んでしまいそうです。

何はともあれ、お疲れ様でした。今後もお体に気をつけながら、ご活躍を期待しております。

【関連記事】
飯島愛がついに明かした引退理由

飯島愛の引退理由は、青木さやかの人気上昇?

飯島愛の引退理由は、慢性腎盂腎炎?
トップページ  |  14:49  |  芸能ニュース

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。