当サイトの注目記事


スポンサーサイト

--.--.-- (--)|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップページ  |  --:--  |  スポンサー広告

爆笑問題・田中裕二のエピソード集

2012.11.22 (Thu)|
・高校時代は太田と対照的に人気者で、「ウーチャカ」という愛称で「ウーチャカ大放送」という校内ラジオ放送のパーソナリティをやっていた。全校生徒によるアンケートで「ミスター井草」にも選出されたこともあった(田中裕二 (お笑い芸人) - Wikipedia)。

・「ウーチャカ大放送」のテープを、爆笑問題結成初期の時代、自動車に乗るたびにカー・オーディオで太田に聞かせていた。その内容は、2008年6月27日のコンビ結成20周年記念となった『爆笑問題の検索ちゃん』(テレビ朝日系)にて放送され、不評だった。

・早稲田大学教育学部も受験したが、受験日を1日間違えるという致命的な失敗を犯してしまった。その失敗の教訓を得てか、一浪を経て、日本大学藝術学部(日芸)演劇学科に合格し(十数年後にテレビ番組で、本人は大学に落ちたものだとばかり思っていたと告白)、太田と出会う。日芸時代でも田中本人が「ウーチャカ」と呼んでくれるよう周囲に頼んでいたが、「小僧(先輩)」とも呼ばれていたという。

・日芸在籍時には、マキノ雅弘が主催していた私塾にも通っていた。

・大学の先輩とお笑いコンビ「東京ギャグポンプ」を組んでTBSの昼の番組のレギュラーを持っていたが、売れずに2か月弱で解散。当時の芸名は「白木屋みのる」(背が小さいことから白木みのると居酒屋の白木屋をもじってつけられた)で、ボケ担当。コンビ名・芸名を考案したのははらみつお。当時の相方は編集者(2006年時点)をしている。

・1988年3月に漫才コンビ「爆笑問題」を結成。コンビではリーダーを担当しているが、田中が自ら立候補したのではなく、太田が決めたものである。

・2000年正月放映の『号外!!爆笑大問題』(日本テレビ系)で、田中が所属事務所が入居しているビルの1階の花屋に勤務する9歳年下の女性の自宅を訪れ、両親にあいさつしたと太田がバラし、メディアが一斉に扱った。同年3月24日にその女性と結婚。その後、二世帯住宅を建てた。

・2000年9月12日、睾丸肥大のため都内の病院に入院。10月9日に左側の睾丸摘出手術を受けた。ちなみに摘出した睾丸を病理診断・研究したのは向井千秋の夫である向井万起男(慶應義塾大学病理専門医)だったとのこと。

・2009年10月2日、自らの離婚を発表した。その後、前妻が臨月に入っていることが報じられた。
スポンサーサイト
トップページ  |  00:59  |  芸能人の方々を観察してみる

爆笑問題・田中の初体験エピソード

2012.11.22 (Thu)|
2012年11月20日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、爆笑問題・田中裕二の初体験のエピソードが語られていた。

爆笑問題・太田「田中は25~26歳まで童貞で。とにかく、風俗とかは不潔だ、と。『風俗で筆おろしみたいなのは、絶対にイヤだ』っていって」

「それで、俺達が…周りが、金を出してやるからって言って。行かせたのよ、無理矢理、風俗に。イヤがる田中を、新宿の『ヤングレディー』って、当時、ソープで1番のお店があったんだよ。そこが良いからって行かせようとしたら、『ちょっと待ってくれ…行くなら、違う店が良い』って言い出して。『決めてある』って」

「なんだそれは、って話だよな。『"ドンファン"か"シルクハット"が良い』って言って。『お前は紳士か?イギリス紳士か?』って。そこで、5万6千円のソープ、それが初体験だからね、アイツの。そしたら、すっかりスッキリした顔で帰ってきて。『いやぁ、いいねぇ』なんて言って」
トップページ  |  00:45  |  ラジオ

伊集院光のエピソード集

2012.11.20 (Tue)|
・父は医薬品企業ライオンの研究員であり、日本初の女性用生理用品「アンネナプキン」等の開発を担当した(伊集院光 - Wikipedia)。

・伊集院は四人きょうだいの次男で兄・姉・弟がいる(伊集院光 - Wikipedia)。

・高校受験に失敗し、すべり止めで足立新田高校に入学。部活動(野球部)を除いてあまり真面目に通わないようになり、アメ横の店員、スーパーの店員(惣菜製造など)といったアルバイトをしていた。

・1984年7月、不登校がちだったことを案じられて、父親の知り合いである吉河さん(後に大師匠である5代目三遊亭圓楽の実弟であることが判明)の紹介により、圓楽一門へ入門。三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)の弟子となる。三遊亭 楽大(さんゆうてい らくだい)として活動をはじめる(昼飯の弁当は師匠である楽太郎本人が毎朝作っていた)。 その後、高校を卒業間近である3年生の2月(ただし、本人曰く3年次はほとんど出席していなかったため、卒業に必要な出席日数を確保していたかは不明)に中退。

・「伊集院光」の名でラジオ番組に出演し始める一方で、1988年に二つ目昇進。入門5年目の同年には第17回NHK新人落語コンクール(現:NHK新人演芸大賞「落語の部」)本選に「子褒め」で出場を果たしている(他の本選出場の4人はいずれも修行年数が10年以上)。楽太郎から伝授された噺は40-50席以上。 楽太郎の弟子という関係で、日本テレビの番組「笑点」の「若手大喜利」にレギュラー出演していた。

・1990年、「三遊亭楽大」の名ではなく「伊集院光」の名で人気を博し、脚光を浴びていたラジオ番組出演が一門に知られ問題となる。話し合いを重ねた結果、落語家としての籍を離れる(破門ではなく自主廃業)。この時、楽太郎は伊集院を擁護し、2003年4月には三遊亭楽太郎一門会へ出演させ、ラジオやテレビでの共演もあり、楽太郎は未だに身内として扱っている。また伊集院本人も楽太郎のことを「師匠」と呼び敬意を払っている。

・現在、三遊亭楽大の名は楽太郎門下の他の落語家に受け継がれている(三遊亭楽大 (2代目)を参照)。通常、廃業した人間の名は余程のことがない限り継がれないが、この名を継がせることに関しては、楽太郎から伊集院に説明があったという。

タグ : 伊集院光

トップページ  |  23:42  |  芸能人の方々を観察してみる

オードリー・春日俊彰のエピソード

2012.11.20 (Tue)|
・春日は、芸人になることを父親に話した際、「お前が産まれて22年経つけど、お前が面白いことを言ったことを一度も聞いたことがない。お前で笑ったことがない」と言われた。これに対して、春日は「家では面白いことを言ってないけど、学校とかでは面白いんだよ」と言い放った(オードリー若林「春日の親に挨拶をしておきたいワケ」)。

・毎朝、必ず母親からのモーニングコールで起こしてもらっている(オードリー・春日「母親に必ず起こしてもらっている」)。

・妹がおり、出産の際にはタモリに安産祈願の色紙を書いてもらった(オードリー若林「AKB48の女子たちに怯える」)。

・文藝春秋の6月10日号にて、『オードリー春日 全身白タイツで出演AV発見』という記事が掲載されていた。このことに関して、
春日「GyaOの『面接王』の企画で、セクシーユニットのWELCOMEって親衛隊がいたでしょ。彼女たちの撮影現場に行って、パンツを撮ってくるっていう企画があったでしょ。それで、DVDにも出るっていう企画。全身タイツを着て、寝ていて女の子たちがテクニックを見せるっていう感じになったじゃないですか。アレに出てたんですよ。それが雑誌に載っていて、春日の恥ずかしい過去、みたいな」と話をしており、AVではなかったことを明言している。

・『ドラえもんの科学みらい展』でのロケ中、半ズボンからタマ○ンがのぞいてしまったことがあった(オードリー・春日「番組収録中、子供の前で全開ハミチン」)。
トップページ  |  00:58  |  芸能人の方々を観察してみる

オードリー・若林正恭のエピソード

2012.11.20 (Tue)|
・父親は人見知りの若林と真逆の性格の人物である。若林が家に連れてきた彼女に向かって「ポットみたいなツラしてるな」と言い放った。次の彼女の時は、「草履の裏みたいなツラしてるな」と言い放った(オードリー・春日「タモリに妹の安産祈願をお願いする」)。

・若林の父親は、実はフォークソングの歌手を一時期やっていた(歌ヘタ・オードリー若林の父親はフォークソング歌手だった)。

・2歳違いの姉が1人おり、「かなりパンクな人物」とラジオで語っていた。

・一眼レフカメラにハマっていた時期があった(オードリー若林「寂しすぎる休日」)。

・久本雅美にはハマっていない(オードリー・若林「久本雅美に嫌われている」)。

・チャットモンチーのファンであり、ライブにも行って楽屋挨拶している(オードリー・若林「チャットモンチーのライブで人見知り発動」)。

・ブレイク前の時期に、くじらとダブルネームのジョーに、「出演したことのあるテレビ番組で山手線ゲームしようぜ」と言われ、全く番組を言えなかったという屈辱を受けたことがあった。ブレイク後、まだあまり売れていない2人に対して、次々に番組名を挙げていくという雪辱を果たした(オードリー若林「売れない芸人時代に受けた屈辱」)。
トップページ  |  00:58  |  芸能人の方々を観察してみる

*All archives   *Admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。